家庭裁判所の少年事件の審判について

スポンサードリンク

家庭裁判所の少年事件の審判について

少年事件の審判

家庭裁判所での少年事件の審判は、
少年が本当に犯罪行為を犯したか否かを確認した上で、
少年の再非行を防止することを目的として、
少年の抱える問題を改善するために
適切な処分を選択するための手続です。

 

少年を少年院送致にするか、
保護観察処分とするのかを判断する手続きですが、
この手続自体が少年の反省を促し、
更生のための目的も含まれています。

 

少年事件の審判の手続きに参加する者

審判の手続きに参加する者は、
少年、少年の保護者、裁判官、裁判所書記官
家庭裁判所調査官、裁判所事務官、
付添人(主に弁護士で、弁護士以外の者が付添人となる場合は
家庭裁判所の許可が必要です。)
といった者が一般的で、
場合によっては、学校の先生、雇主、保護司などが出席することもあります。

 

また、一定の重大事件においては、
家庭裁判所の判断で、検察官を出席させることもあります。

 

審判手続では、少年の適正な処遇を判断するため、
少年の生い立ちや、生活環境、
家族の関係、学校・職場での状況などについて
少年に自発的な発言を促し、
少年の抱える問題を的確に把握し、
ふさわしい判断を吟味します。

 

少年審判は非公開で行われる

少年審判は非公開で行われ、
一般人が審判を傍聴することはできません。

 

ただし、少年事件により被害者が亡くなった場合や、
被害者が生命に重大な危険を生じるような傷害を負った場合などに、
被害者やその遺族に審判の傍聴が認められる場合もあります。

 

お子さんが少年事件を起こしてしまった場合

お子さんが少年事件を起こしてしまった場合、
弁護士に相談することで、お子さんとのやりとりがスムーズにできたり、
今後の見通しについて知ることができるので、親御さんの精神的負担の
軽減にもつながります。またお子さんの処遇についても
できるだけ寛大な処分につなげることが
できるかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク