少年事件の流れについて

スポンサードリンク

家庭裁判所の扱う少年事件について

未成年者が犯罪を犯した場合、成人が犯罪を犯した場合と
異なる手続きによりその処遇が決められることになります。

 

一般的に、14歳未満の場合は、児童相談所へ通告し、
児童自立支援施設等へ入所することになり、
14歳以上の場合、家庭裁判所に送致されるということになります。
重罪の場合検察庁を経由し、家庭裁判所に送致され、
罰金以下の犯罪の場合、
直接家庭裁判所に送致されるということになります。

 

「犯罪少年」「触法(しょくほう)少年」「ぐ犯少年」

「犯罪少年」「触法(しょくほう)少年」「ぐ犯少年」
という言葉はそれぞれ次の通りです。

 

犯罪少年

罪を犯した14歳以上20歳未満の少年

 

触法少年

犯罪行為の時に14歳未満であったため、
刑法上、罪を犯したことにはならないとされている少年

 

ぐ犯少年

20歳未満で保護者の正当な監督に従わないなどの不良行為があり、
その性格や環境から、将来罪を犯すおそれのあると判断される少年

 

少年事件の流れ

少年事件の流れは、少年が事件を起こした場合、
警察、検察から家庭裁判所に事件が送致され、
家庭裁判所が事件を受理すると、
家庭裁判所調査官による調査が始まり、
審判により、保護観察や少年院送致などの
処分が決定されるということになります。

 

法務省HP 全国の矯正管区・矯正施設・矯正研修所一覧
http://www.moj.go.jp/kyousei1/kyousei_kyouse16-03.html

 

お子さんが少年事件を起こしてしまった場合、
弁護士に相談することで、お子さんとのやりとりがスムーズにできたり、
今後の見通しについて知ることができるので、親御さんの精神的負担の
軽減にもつながります。またお子さんの処遇についても
できるだけ寛大な処分につなげることが
できるかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク