警察へ告訴状、被害届の出し方について

スポンサードリンク

警察へ告訴状、被害届の出し方について

犯罪の被害にあった場合、犯罪の存在を警察や検察などに
知らせる方法として、警察に
被害届、告訴状をを提出するというものがあります。

 

被害届は、警察の窓口にある用紙に記入することで、
わりと簡単に作成することができます。
被害届の提出に費用はかかりません。

 

被害届が出されても、警察にその事件について
捜査する義務が生じるわけではありません。
警察が捜査を行うかどうかは、警察の裁量に任されるということになります。
ですから、比較的軽微な犯罪については、
後回し(結局捜査をしない)ということになることを
知っておきましょう。

 

告訴状とは

告訴状とは、当該事件によって被害を受けた人間が、
犯人に対して刑事事件を提起するよう求める書面で、
多少の法律知識が必要になります。

 

一般の方が告訴状を作成するのは、
少し難しいので、しっかりと国家権力を動かして
犯人の処罰を望むのであれば、
弁護士に依頼する方がベターです。

 

告訴状を提出すると、警察は刑事事件についての
証拠収集のために捜査義務が生じます。

 

ですから、犯人を名指しで告訴状を提出する場合は、
しっかりウラをとってから、慎重に行うようにしましょう。

 

なお、真犯人でないことを知りながら、
名指しで告訴をしたりすると、
虚偽告訴罪という犯罪となりますので、
じゅうぶん注意しましょう。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

刑事手続と民事手続きは別

なお、例えば窃盗の被害届を出したとして、
犯人が捕まえられたとしても、
当然に盗まれた金銭やモノが
返ってくるわけではありません。

 

警察の仕事は、法律を犯した者を
捕まえるということですので、
金銭やモノの返還については
警察の仕事ではないのです。

 

金銭やモノを取り返す手続きは、
別途民事で行わなければなりません。
(その場合、損害賠償請求なども
あわせてすることができます)

 

犯人を捕まえた上で、
金銭やモノの返還を要求し、また、
損害賠償請求をしたいという場合は、
告訴状の依頼から含めて弁護士にご相談されることを
おすすめいたします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク