実刑判決、執行猶予とは?執行猶予中の制限などについて

スポンサードリンク

実刑判決、執行猶予とは?執行猶予中の制限などについて

執行猶予とは

刑事裁判で、一定の期間、
刑の執行を猶予する判決のことを
「執行猶予判決」と言います。

 

執行猶予がつかず刑務所に
実際に収容される懲役刑、禁固刑のことを
「実刑判決」と言います。

 

どのような場合に執行猶予がつくか

どのような場合に執行猶予がつくかということですが、
「情状」により判断されます。
「情状」とは、犯情が軽微なものであったり、被告人に反省の念があることや、
被害に対して弁償がなされ、
被害者が被告人を許し、示談が成立している場合、
被告人を今後保護監督する家族や友人がいる場合など、
ひとうひとつのケースにおいて様々な状況を踏まえて
判断されるものです。

 

執行猶予がつくのは、まず
3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金の刑の場合です。
これよりも重い刑の場合、執行猶予がつくことはありません。

 

また、以前に禁錮以上の刑に処せられたことがある場合や、
前に禁錮以上の刑に処せられたことがあり、
その執行を終わった日またはその執行の免除があった日から
5年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがある場合も、
執行猶予がつくことはありません。
(これらの場合に執行猶予がつけられない旨が刑法に規定されています。)

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

執行猶予期間中の生活

執行猶予期間中、日常生活を送る上で、とくに制限はありませんが、
海外旅行などをする際は、入国を拒否される場合があります。
 
事前に旅行代理店や渡航先の大使館、領事館などに問い合わせ、
入国の可否を確認しておいた方がよいでしょう。

 

執行猶予の期間中、保護観察所の
監督の下で生活をする場合がありますが、
このような状況で、保護観察所の監督に従わなかった場合には、
執行猶予が取り消されることがあります。

 

執行猶予中の人が新たな犯罪を犯した場合

執行猶予中に、再び犯罪を犯し、
起訴されて懲役刑になると、
執行猶予が取り消されて猶予されていた刑を受けることになるとともに、
新たな犯罪の懲役刑も
服役しなければならないことになります。

 

執行猶予中の人が新たな事件を起こした場合は、
1年以下の懲役を言い渡す場合で、
特に有利な情状がある場合に限って、
もう一度執行猶予にすることができるとされていますが、
再度の執行猶予がつく場合はごくまれなレアケースです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク