逮捕された時に弁護士に依頼するメリット、費用について

スポンサードリンク

逮捕された時に弁護士に依頼するメリット、費用について

警察が人を逮捕するには、
現行犯逮捕等の例外を除いて、
裁判官が発付した逮捕状がなければなりません。

 

裁判官は、警察の請求により犯罪を行ったと疑うに足りる
相当な理由と逮捕の必要性がある場合に逮捕状を発付しますが、
容疑がかけられている者には、
それらの動きがあることは全く知らされず
早朝に自宅に警察がやってきて突然逮捕ということになります。

 

ですから、容疑をかけられた者としては、事前に逮捕を予測して、
対策を講じるのは困難です。

 

ただ、逮捕されてからは、迅速に適切な対策を講じることで
その後の扱いがだいぶ変わることがあり得ます。
「適切な対策」とは、簡単に言えば、経験豊富な弁護士に
依頼することです。

 

逮捕された時に弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼することで、例えば、
無実を証明することができたり、
会社や学校にバレないようにすることができたり、
示談などで円満に事件を終え、
留置場からはやく出ることができ、
裁判所で裁判を受けずにすむことになり、
刑務所にいかずにすみ、
前科もつかずに事件を終えられる
といったメリットを得ることができる場合もあります。

 

(もちろん、事件の内容などによって
どこまで実現できるかは異なりますが)

 

弁護士に依頼する場合の報酬の相場

逮捕された際に弁護士に依頼する場合の報酬の相場ですが、
案件の内容にもよりますが、
着手金、報酬金は30〜40万円のあたりが多いようで、
合計60〜90万円ぐらいが
一応の相場ということかもしれません。

 

冤罪や無罪の主張など、
難易度の高い案件であればさらに
高い報酬となることもありますが、
100万円を超えるケースは基本的にはあまりないようです。

 

高い報酬の弁護士の方が
腕がいいという印象があるかもしれませんが、
必ずしもそのようなことはありませんので、
弁護士に依頼する前に報酬についてよく話を聞き、
納得してから依頼をするようにしていただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク