刑事事件の弁護士費用の相場について

スポンサードリンク

刑事事件の弁護士費用の相場について

現在もかつての弁護士の報酬規定を基準にしている場合が多い

かつては、弁護士会の定めた弁護士の報酬に関する規定があり、
それにしたがって弁護士の報酬が決まっていましたが、
現在は報酬設定は自由となり、
各弁護士が自由に設定できることになっていますが、
かつての報酬規程の着手金の30万円〜50万円という基準を
現在もそのままつかっている弁護士が多いようです。

 

刑事事件の弁護士費用の相場

案件の内容にもよりますが、
報酬金は30〜40万円のあたりが多いようで、
合計60〜90万円ぐらいが
一応の相場ということかもしれません。

 

冤罪や無罪の主張など、
難易度の高い案件であればさらに
高い報酬となることもありますが、
100万円を超えるケースは基本的にはあまりないようです。

 

なお、着手金が高くなる傾向にあるのは、
否認している場合、被害者が多い場合で、
犯行を認めていて、被害者がいない犯罪などは
報酬が低くなる傾向にあるようです。

 

報酬金は弁護士の功績により、
依頼者に利益がある場合の
弁護士の報酬ですが、刑事事件の場合は、
起訴前であれば、起訴された場合は、
報酬金は発生せず、不起訴となった場合に
着手金と同額程度の報酬金とする弁護士が多いようです。

 

起訴後であれば、求刑通りの場合は、
報酬金は発生せず、
減刑や執行猶予などの場合に
報酬金が発生するとする弁護士が多いようです。

 

今回のこの説明はあくまで相場、
そのぐらいが多いという話ですので、
これよりもはるかに高い、
あるいは安い報酬を設定している場合もありえます。

 

高い報酬の弁護士の方が
腕がいいという印象があるかもしれませんが、
必ずしもそのようなことはありませんので、
弁護士に依頼する前に報酬についてよく話を聞き、
納得してから依頼をするようにしていただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク