墓参りの際に持参すべきものについて

スポンサードリンク

墓参りの際に持参すべきものについて

お墓参りは、お盆、命日、年2回のお彼岸の、
最低でも年4回は行き、その際にお墓やお墓周りの掃除などを
行うのが一般的です。
お墓参りをする際は、墓石や墓石周りの掃除、草むしりなどを
行うのが通常ですので、それも踏まえてお墓参りに持っていくよよいものを
ご説明します。

 

お墓参りにもっていくとよいもの

 

・線香、ろうそく、ライター、マッチ

 

・数珠

 

・お花
花屋や霊園、墓地の近くの商店、スーパーでは「お盆用」「彼岸用」として
販売していますので、そういったものを購入すると間違いないですが、
「白」「赤」「黄」「紫」「ピンク」の5色をメインにした、明るい色、
3色の場合は、「白」「黄」「紫」のものを選ぶのが一般的です。
花の種類は、カーネーション、輪菊、小菊、マム(洋菊)を中心に
春は金仙花、アイリス、・スターチス、
夏はケイトウ、りんどう、グラジオラスといったものが一般的です。

 

・お供え物
お供え物は、果物やお酒、タバコ、おはぎなどが一般的です。
なお、お供え物はお参りしているときだけ置き、
お墓を拝んで帰る際は、持ち帰りましょう。
(そのままにしておくと、猫など動物に食い荒らされたり、
虫がよってきてしまいます。)
下げたお供え物はお参りした人たちで食しても構いませんし、
ご自宅の仏壇にお供えしても構いません。

 

・ほうき、ちりとり、バケツ、ブラシなどの掃除道具
墓石はこまめに掃除している場合は、手桶や柄杓で水をかけて、
スポンジや雑巾などで軽くこするだけで汚れは落ちますが、
長年放置してガンコな汚れや、鳥のフンなどがこびりついている場合は、
墓石用のタワシでこすって落としましょう。
金属タワシや洗剤を使うと墓石を傷めますので、使用しないようにしましょう。
なお、ほうき、チリトリ、手桶や柄杓などをお寺が用意してくれているところも多いので、
その場合は持参する必要はありません。
原則としてゴミが出た場合は持ち帰ることになりますが、
共同のゴミ捨て場を利用できる場合もあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク