墓石の洗い方、墓地の雑草対策について

スポンサードリンク

墓石の洗い方、墓地の雑草対策について

お墓の掃除は自分でしなければならない

お寺や霊園にお墓を立てた場合、お墓の掃除は、
お寺や霊園はひとつひとつのお墓の掃除はしてくれませんので、
自分のお墓は自分で掃除を行う必要があります。
基本的には、お盆、命日、年2回のお彼岸の、
年4回お墓参りをするタイミングがありますが、
これらのお墓参りの際に、墓石を洗ったり、雑草を取り除いたりして、
お墓を管理するのが一般的です。

 

また、台風や地震など自然災害が起こった直後も、
お墓が倒壊したりしていないか、木が倒れこんだりしていないか
確認したり、掃除したりする場合が多いです。

 

今回はお墓の掃除について説明します。

 

なお、遠方にお墓があり、
なかなかこまめにお墓の掃除、管理ができない方は、
墓参り代行サービス業者に依頼し、お墓の掃除や、
現況確認などを依頼することができます。

 

お墓の掃除をするために用意するもの

お墓の掃除は、墓石の水洗いと、
お墓周りの落ち葉拾い、草むしり
を行いますが、必要な道具は、軍手、ほうき、チリトリ、スポンジ、
墓石用のタワシ、ブラシ、バケツなどですが、
ほうき、チリトリ、手桶や柄杓などを
お寺が用意してくれているところも多いので、
その場合は持参する必要はありません。
雑草が多い場合は、スコップ、鎌なども
準備するとよいでしょう。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

お墓の洗い方

墓石はこまめに掃除している場合は、手桶や柄杓で水をかけて、
スポンジや雑巾などで軽くこするだけで汚れは落ちますが、
長年放置してガンコな汚れや、
鳥のフンなどがこびりついている場合は、
墓石用のタワシでこすって落としましょう。
金属タワシや洗剤を使うと墓石を傷めますので、使用しないようにしましょう。

 

お墓まわりの雑草対策

場所によっては、雑草がひどいところもありますが、
日光を遮断して雑草を生えにくくする「防草シート」を敷いて、
防草土を敷き詰め、砂利を敷いて雑草の生えにくい状態を
作るという方法もありますが、
お寺や霊園が使用を禁止している場合もありますので、
事前に確認してから行うようにしてください。

 

除草剤を撒いたりするという方法もありますが、
除草剤を使用すると墓石を傷める危険性があることと、
こちらもまた、お寺や霊園が使用を禁止している場合もありますので、
事前に確認してから行うようにしてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク