檀家になるメリット、デメリット、檀家をやめる場合について

スポンサードリンク

檀家になるメリット、デメリット、檀家をやめる場合について

檀家とは

お墓をたてることができる場所は、寺院、霊園がありますが、
檀家とは、お寺にお墓を持っている人、家のことをいいます。
葬儀や法事などの際は、
そのお寺の僧侶にお経を読んでもらうことになります。

 

檀家制度があるのは寺院墓地だけです。

 

檀家になるメリット、デメリット

檀家になるメリットとしては、お墓を置く場所を提供してもらい、
先祖代々、そのお寺にお経をあげてもらうことで、
ご先祖さまを手厚い供養をしてもらうことができます。

 

檀家になるデメリットとしては、葬儀や法事の際に、
お経を読んでもらう流れができているので、
スムーズでありますが、檀家だからといって、無料で
お経を読んでもらえるわけではなく、
法事の際は2万円〜5万円のお布施、
葬儀の際は数十万円のお布施が必要となります。

 

最近では派遣僧侶などというサービスもあり、
安価でお経を読んでもらえるというものもありますが、
檀家となっている場合、
基本的にそのお寺以外の僧侶を選ぶことができず、
葬儀も「一日葬」など簡素的なものができなくなったりと
制限が出るということです。

 

近年は、葬儀の小規模化で
費用を抑えて行いたいという方も増えていますが、
檀家になっている場合は、
そのような選択はなかなかしづらくなります。

 

また、護寺会費、墓地管理費などで
毎年2〜3万円を支払う必要があり、
お寺の修繕などでその都度寄付を求められることもあります。

 

なお、お寺にお墓をたてることはできますが、
お墓の維持管理(掃除や墓周りの草むしり)などは、
それぞれ自分で行う必要があります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

檀家をやめたい場合

檀家をやめたい場合は、
離檀料として数万円〜20万円が必要となります。

 

お寺によっては檀家をやめられると収入源が減るので、
離檀料として100万円以上の金額を請求することもあり、
トラブルとなることも少なくありません。

 

なお、檀家をやめるということはお墓を撤去し、
更地に戻しますので、お墓から魂を抜く魂抜きの儀式を行い
(これにも数万円のお布施が必要となります)、
その後、お墓を撤去する工事費用がかかりますので、
総額で100万円、200万円を超える費用が
必要になることも珍しくありません。

 

まとめ

ということで、檀家になるメリット、デメリット、檀家をやめたい場合について
説明しましたが、檀家となっている家に生まれた場合、
代々それがあたりまえとしてこれらの費用を支払い、
お寺とのお付き合いを続けていますが、
近年は葬儀も小規模で、遺骨も納骨せずに散骨したり、
樹木葬としたり、さまざまな選択肢が注目されています。

 

これから、お寺にお墓をたてて、檀家になろうとお考えの方は、
お墓をたてる費用、永代使用料だけでなく、
以後も縛りがあり、しかも檀家をやめる場合も
また大変であることを踏まえ、
ご自身の次の代にもそれを引き継がせることを念頭において、
検討していただければと思います。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク