家族葬に友人は参列してもよいか?

スポンサードリンク

家族葬に友人は参列してもよいか?

家族葬とは?

近年は、葬儀を親族や親しい友人だけの
少人数、小規模で行う葬儀が増え、
「家族葬」という呼び方がされることが多いですが、
「家族葬」という言葉に明確な定義があるわけではありません。

 

かつて「密葬」と呼んでいたものを
「家族葬」と言葉をかえて呼んでいる方も多いですが、
一般的には、参列者30名以下の葬儀を
「家族葬」と呼ぶ場合が多いようです。

 

 

家族葬に友人、知人は参列してもよいか?

家族葬というものに定義がありませんし、
「家族葬の場合こうしなければならない」という決まりはありませんので、
友人、知人の家族葬に参列してはならないということはありませんが、
遺族の方が弔問客の範囲の判断が難しいため、
すべての友人、知人をお断りをしている場合もあります。

 

ですから、親しい友人が亡くなった場合でも
事前に遺族の意向に確認しておいた方がよいでしょう。

 

お断りをされた場合は、
葬儀から間をあけて遺族の気持ちが落ち着いた頃に、
香典や供え物などを持って訪問し、お線香を上げさせてもらうと
いった行動をとるのがよいと思います。

 

「一般葬」なのか「家族葬」なのかどのように判断すればよいか?

「一般葬」なのか「家族葬」なのかは、
遺族の方々の主観によるところもありますので、
外側からはその判断が難しいですが、死亡した場合、
葬儀社を通じて地方紙の「おくやみ欄」
に無料で名前を掲載できますが、
こちらに名前を掲載しない場合は、
家族葬と判断してもよいかもしれません。

 

また、名前を掲載している場合は、一般葬として
参列してもよいと考えてもよいかもしれません。

 

いずれの場合も電話で参列してもよいかどうか、
遺族の意向を確認しておいた方がよいでしょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク