「通夜」「葬式」「葬儀」「告別式」の違い

スポンサードリンク

「通夜」「葬式」「葬儀」「告別式」の違い

「通夜」「葬式」「葬儀」「告別式」という言葉のつかいわけ

「通夜」「葬式」「葬儀」「告別式」などという言葉があり、
混同しがちですが、
本来は、「通夜」「葬儀式」「告別式」が別個にあり、
「葬儀式」と「告別式」を一緒に行われる形式が多く、
「葬儀・告別式」と併記され、これをさして「お葬式」と
呼んでいる場合が多いようです。

 

「通夜」とは

 

「通夜」は、亡くなった日の夜、または翌日の夜に、
故人に付き添い個人との別れを惜しむ儀式です。
もともとは一晩中線香の火を絶やさないようにする儀式でしたが、
近年は僧侶の読経と弔問客による焼香の儀式を行い、
その後に、「通夜振る舞い」という食事を行います。

 

通夜振る舞いは近親者のみとする場合もありますが、
会葬者も参加し、盛大に行われる場合もありますので、
招かれた場合はなるべく応じた方がよいでしょう。

 

食事は大皿の料理やお寿司などが一般的です。

 

近年の通夜は、午後6、7時〜9、10時あたりの時間で
行われる「半通夜」となっていることが一般的です。

 

 

関東方面では、友人、知人、ご近所、職場の関係者など
大人数とすることが多く、
関西方面では、遺族や親族のみで
通夜振る舞いを行うことが多いようです。

 

なお、地域によっては通夜を行わない風習があったり、
近年は「一日葬」という簡素的に
通夜を省略した葬儀を行う場合も増えています。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

「葬儀式」「告別式」とは

「葬儀式」は、故人の冥福を祈り、
死者を葬る儀式のことで、
「告別式」は、参列者がお焼香や
献花で死者と最後のお別れするための儀式の
ことをいいますが、一般的には「葬儀・告別式」と併記され、
一緒に行われる場合が多くなっています。

 

また、これを指して
「葬式」と呼ぶ場合が多いです。

 

一般的には、親族、親戚や親しい友人、
親しい会社の同僚などの場合は
通夜から葬儀、告別式へとすべてに出席すべきですが、
ふだんから全く付き合いのない親戚や、遠戚、
同じ会社や取引先で面識はあるものの
それほど親しいわけではない場合などであれば、
「葬儀・告別式」だけに出席すればよいでしょう。

 

なお、通夜は急な訃報で駆けつけたということで、
ある程度服装のマナーはゆるいですが、
葬儀・告別式は喪服で参列しなければなりません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク