一日葬の費用の相場、メリット、デメリットについて

スポンサードリンク

一日葬の費用の相場、メリット、デメリットについて

一日葬とは?

一日葬とは、通夜を省略し、
一日で葬儀・告別式、火葬を行う葬儀のことです。

 

通常の葬儀は、亡くなった翌日に通夜を行い、
通夜振る舞いをして遺族や会葬者で食事をし、
その翌日に葬儀・告別式を行いますが、
一日葬の場合、通夜を省略して、
葬儀・告別式、火葬を行うということになります。

 

近年は、核家族化や少子化、地方の過疎化もあり、
葬儀が少人数で小規模のものを、
費用を抑えて行うものとする方が
増えていますが、一日葬も
家族、親戚、親しい方数人だけで、
小さい規模で行うものです。

 

一日葬の注意点、メリット、デメリット

一日葬は通常の葬儀よりも簡素的に、
費用を抑えることができますので、
遺族の方の経済的負担や体力負担、時間負担を少なくすることができる
メリットがあります。

 

一日葬を行う際の注意点ですが、
お寺の檀家(菩提寺がある)の場合、
お墓に納骨をするため僧侶に読経をお願いすることになりますが、
お寺に一日葬の葬儀の形式を断られる場合が多いため、
事前にお寺の僧侶の理解を得ておく必要があります。

 

ですので、基本的にはお寺の檀家の場合は、
特にそのお寺の付き合いが長い場合は、
現実的には一日葬は難しいかもしれません。

 

ですので、一日葬は菩提寺がない方、無宗教の方でないと
選択するのは難しいかもしれません。

 

一日葬の費用の相場

費用は、地域や葬儀社にもよりますが、
30万円〜50万円で行うことができるのが一般的です。
インターネットで探す場合、表示価格の他に別途料金が発生する場合も
少なくありませんので、気になる葬儀社を複数ピックアップして
見積もりをとり、実際にいくらかかるのかを比較検討し、
不明な点、疑問な点を質問し、
その応対などの含めて信用できる業者を選ぶようにしましょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク