市民葬(区民葬)の費用、メリット、デメリット

スポンサードリンク

市民葬(区民葬)の費用、メリット、デメリット

市民葬(区民葬)とは?

市民葬、区民葬とは、
市区町村などの自治体が主宰する葬儀で、
実際に葬儀を執り行うのは、
自治体が提携する葬儀社となるのが一般的です。

 

自治体を通じて行う葬儀なので、
民間の葬儀社に依頼するよりも費用が安いというイメージを
持っている方も多いですが、
自治体によっても費用はさまざまで、
近年は民間の葬儀社でも、小さい規模のものであれば
低価格のプランで行っている業者も少なくないので、
必ずしも葬儀を安くすませたいなら
市民葬、区民葬がよいということでは
なくなりつつあります。

 

市民葬(区民葬)のメリット、デメリット

市民葬(区民葬)のメリットとしては、
自治体と提携している葬儀社なので、
ある程度の信頼感のある業者に依頼できるという点があります。

 

デメリットとしては、利用できるのは、
故人または喪主が住民登録をしている自治体のみとしている場合が多く、
その自治体が提携している業者、斎場に限られ、
選択肢が限定されるということと、前述のとおり、
費用面では民間の葬儀社よりも必ずしも安いとは限らず、
また、基本料金で行える範囲が
棺、祭壇、霊柩車、火葬などに限定されていて、
その他の斎場使用料や、
遺族、会葬者の移動の際のハイヤー、マイクロバス
などは別途料金が発生する設定になっているものが多いです。

 

また、ドライアイス、遺影写真、生花、花輪、お供物、会葬礼状、
返礼品、飲食費といったものも別料金となるのが一般的です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

市民葬(区民葬)の費用

市民葬(区民葬)の費用は、
自治体やプラン、オプション料金によっても
異なりますが、一般的には、
30万円〜50万円程度となる場合が
多いようです。
近年は、民間の葬儀社も価格競争となっており、
市民葬(区民葬)よりも低価格で
葬儀を行える葬儀社も少なくありません。

 

もちろん、「安かろう悪かろう」な業者もなくはありませんが、
低価格でも質の高いサービスを行う葬儀社も多くあります。

 

できるだけ費用を抑えて葬儀を行いたい場合、
複数社から見積もりをとり、不明な点などをよく質問して、
その応対も含めて信用できる業者を
選んでいただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク