分骨の手続き、法律、分骨証明書について

スポンサードリンク

分骨の手続き、法律、分骨証明書について

分骨とは?

分骨とは、遺骨の一部を別のお墓やご自宅に移すことをいいます。
遺骨の全部を移す場合は「改葬」になります。
分骨がされる場合の例としては、親族がそれぞれお墓を構えている場合に移したい場合、
遺骨を手元においておきたい手元供養を希望される場合、
樹木葬や散骨を行いたい場合、菩提寺と本山の双方に納骨したい場合などに
されることが多いようです。

 

 

分骨に関する法律、分骨証明書

改葬をする場合には、市町村長の改葬許可が必要となり、
新たに納骨する寺院・霊園に改葬許可証を提出することになりますが、
分骨の場合は、そのような許可は不要です。

 

分骨を行う際は、お墓の管理者に分骨証明書を発行してもらい、
その分骨証明書を新たに納骨する先に提出するということになります。
(「墓地、埋葬等に関する法律施行規則」第5条)

 

参考条文

 

「墓地、埋葬等に関する法律施行規則」第5条

1.墓地等の管理者は、他の墓地等に焼骨の分骨を埋蔵し、
又はその収蔵を委託しようとする者の請求があったときは、
その焼骨の埋蔵又は収蔵の事実を証する書類を、これに交付しなければならない。

 

2.焼骨の分骨を埋蔵し、又はその収蔵を委託しようとする者は、
墓地等の管理者に、前項に規定する書類を提出しなければならない。

 

3.前2項の規定は、火葬場の管理者について準用する。
この場合において、第1項中「他の墓地等」とあるのは「墓地等」と、
「埋蔵又は収蔵」とあるのは「火葬」と読み替えるものとする。

 

分骨証明書と火葬証明書

墓地にある遺骨を分骨をする場合は、
墓地の管理者に発行してもらうのは
「分骨証明書」ですが、
火葬場で分骨をする場合、火葬場が発行するのは、
「火葬証明書」となります。
(「火葬証明書」も「分骨証明書」と同様の場面で必要となる証明書面ですので、
火葬証明書のことを「分骨証明書」と呼ぶこともあるようです。)
なお、火葬の際に、お遺骨をわける際に、
「本骨」については「火葬許可書」が交付され、
「分骨」の方には「火葬証明書」が付与されるということになります。

 

それぞれ納骨する際には、本骨をお持ちの方は火葬許可書、
分骨をお持ちの方は火葬証明書を納骨先に提出するということになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク