喪主と施主の違い、喪主と世話役について

スポンサードリンク

喪主と施主の違い、喪主と世話役について

喪主と施主の違い

喪主は、葬儀を執り行う主宰者で、
葬儀後の物故者の供養を務める者をいい、
施主は、文字通り「お布施をする主」で、
葬儀の費用を負担する人という意味合いが
ありますが、一般的な通常の個人の葬儀の場合、
喪主=施主となることが多いです。

 

現在は廃止されましたが、
かつて(1947年(昭和22年)まで)は、
日本には「家制度」があり、
家の統率者として「戸主」がおりました。

 

家制度のもとでは、戸主が当然に喪主をつとめ、
跡取りとして遺産を継承し、
先祖代々の墓や仏壇を守る祭祀継承者となるのが通常でしたが、
現在は「戸主」というものは法律上ありませんが、

 

その家の跡継ぎの長男が喪主をつとめるのが一般的です。

 

とはいえ、誰が喪主をつとめなければならないという
決まりは特にありません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

喪主と世話役

喪主が葬儀の主宰者となり、
喪主が葬儀社との打ち合わせや、
参列者の接待、挨拶などの代表となりますが、
葬儀すべてのしごとを行うわけにはいきませんので、
遺族がその手伝いをするのはもちろんのこと、
遺族以外の友人・知人に
世話役をお願いする場合もあります。

 

世話役は参列者に対しては
遺族側の人間ということになります。

 

世話役にお願いするしごとも、
受付、会計、駐車場の誘導、式場の管理、接待など
さまざまあり、各係に数名ずつお願いすることになりますが、
世話役の中でひとり世話役代表をお願いし、
その方にも打ち合わせに参加してもらい、
葬儀前や当日に各係の連絡事項の伝達をお願いし、
連携して葬儀を行っていくことになります。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク