喪主とは?その役割について

スポンサードリンク

喪主とは?その役割について

喪主とは

喪主は、葬儀を執り行う主宰者で
葬儀を取り仕切り弔問を受け、
葬儀後の物故者の供養をつとめる者をいいます。

 

訃報を出す際は、喪主の名前で出しますので、
遅くとも通夜の前日までに喪主を決めておく必要があります。

 

喪主の決め方に定めはありませんが、
物故者の後継ぎとなる長男の方がなるのが一般的で、
遺族の話し合いで決めることになります。

 

なお、喪主はひとりでなければならないということはなく、
複数人いてもかまいません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

喪主の役割、しごと

喪主は具体的には、次のようなことを行うのが一般的です。

 

・葬儀社を選び打ち合わせを行う
まず、遺族と相談して、
どの葬儀社に葬儀を依頼するかを決定します。

 

病院で亡くなった場合は、
病院に葬儀社をすすめられることもありますが、
必ずしもその業者でなければならないということはありません。

 

友人、知人や知り合いの業者に依頼してもよいですし、
インターネットで探して決めてもよいでしょう。

 

葬儀を行う際は、会葬者の人数や、会場、祭壇、
通夜振舞い、火葬場でのお菓子や料理の数量、
香典返しの品物選び、数量、町内会や
企業や団体への連絡など
実にたくさんのことを決定しないといけません。

 

喪主となることは人生で何度もないので、
おそらく多くの方がわからないことだらけだと思いますが、
そういったことは葬儀社の方に相談することになりますので、
葬儀社は経験豊富で、
信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

 

・参列者の接待、葬儀での挨拶(スピーチ)
葬儀での挨拶(スピーチ)では、会葬者のお礼、故人の思い出、
亡くなったときの状況報告、あらためて会葬者へお礼の言葉を述べる
という流れが一般的です。
できるだけ具体的な思い出、亡くなったときの状況をゆっくりと話し、
難しい言葉や堅苦しい言葉をつかおうと意識せずに、
あまり長くなりすぎないようにご自分の想いを言葉にするとよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク