永代供養墓に遺骨を移す手続きの流れ、費用の相場

スポンサードリンク

永代供養墓に遺骨を移す手続きの流れ、費用の相場

永代供養墓とは

永代供養墓は、他の人と一緒の墓あるいは、
同じ納骨室に安置されることから
他にも合祀(ごうし)墓、合同墓、合葬(ごうそう)墓、
共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などとも呼ばれていますが、
過去の宗旨宗派を問わず行うことができ、
以後、永代にわたってお寺が供養と管理を行ってくれます。

 

また新たな墓石代もかかりませんので
、移転費用を抑えることができます。

 

費用は寺院や形式や納骨方法によって異なりますが、
30〜50万円が多いと言われています。

 

ただし、寺院によっては
100万円を超える費用が必要となる場合も
ありますので、各寺院でよくご確認ください。
なお、永代供養墓は
消費税、固定資産税、相続税等はかかりません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

永代供養墓に遺骨を移す手続きの流れ

墓じまいをして、永代供養墓の遺骨を移す場合、
市町村役場での手続きが必要となります。
@現在のお墓のある市町村役場で「改葬許可申請書」をもらう
ほとんどの役所のホームページでダウンロードすることができますので、
プリントアウトするということでもOKです。
記入欄の必要事項を記入してください。

 

A現在のお墓のある寺院の代表から「改葬許可申請書」に
署名・押印をしてもらい、埋葬(収蔵)証明をもらう。
(なお、署名・押印をお願いする前に、お寺に墓じまいする旨を伝え、
了承を得ておくことが前提となります。)

 

B.新たに納骨する永代供養墓のお寺から「使用許可証」をもらう

 

C「改葬許可申請書」に移転先からもらった「使用許可証」を添付して申請し、
「改葬許可証」を発行してもらう。
(埋葬者の最後の本籍がその市町村役場にない場合は、
埋葬者の死亡日が記載された除籍謄本等なども必要です。)

 

D現在のお墓で魂抜き(閉魂供養、消魂供養)の儀式を行う

 

E墓石を撤去し、更地にする墓じまいの工事を行う。

 

?永代供養墓に「遺骨」と「改葬許可証」をお渡し、
納骨、あるいは合祀を行う。

 

上記のものが一般的な永代供養墓に遺骨を移す手続きの流れですが、
役所で必要書類が他にも必要な場合や、
それまでのお墓のある寺院や受け入れ先の永代供養墓によって、
手続きの流れが多少異なる場合もありますので、
各所によく確認してから行うようにしてください。
なお、行政書士に手続きの代行を依頼する場合は、
10万円程度の費用がかかるのが一般的です。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク