海洋散骨の費用、メリットについて

スポンサードリンク

海洋散骨の費用、メリットについて

近年人気が高まっている散骨

最近は、お墓に遺骨を納めずに、
パウダー状にして散骨するという方法も
注目されています。

 

お墓を立てて、納骨をする場合は、
定期的にお墓の掃除をしたりする必要があり、
維持管理費や立て直し費用がかかりますが、
海洋散骨をする場合はその費用をかなり安価に抑えることができ、
その後の費用や手間などもかからずに、
シンプルに故人を送り出すことができることから、
遺族に負担をかけたくないと考える方から
徐々に注目を集めているようです。

 

散骨に関する法律

遺骨を散骨する行為については、法律上明確な規定はなく、
葬送の目的として、相当の節度をもって行われる限り、
問題はないと考えられているのが一般的です。

 

「相当の節度」という点も明確ではありませんが、
2mm以下に細かくしてパウダー状にする「粉骨」をするのを
大前提とし、その上で、
迷惑のかからないような方法で行う必要があります。

 

遺骨を散骨する場所として
最も問題がない場所と考えられているのが、海です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

とはいえ、海水浴場や、漁場など人目につくような場所では、
水産物への風評被害など他人に迷惑がかかる可能性がありますので、
避けるべきです。

 

海での散骨は船で沖に出て行う必要がありますが、
ご自身や知人で船や免許を所有していれば、
ご自身で海洋散骨を行うことができますが、
船長付き船をチャーターする場合でも、
散骨をしたい旨を伝えると断られる場合が多いのが現状です。

 

海洋散骨を行う場合

海洋散骨を希望する場合、
業者に依頼するという選択肢が最も一般的かと思います。

 

散骨をする場合、前提として、
遺骨を2mm以下に細かくしてパウダー状にする粉骨化が
必要ですが、これも一般の方には難しい作業ですが、
粉骨化から散骨までをまとめて依頼することができます。

 

費用も業者によりますが、
5万円前後で行うことができるのが一般的です。

 

宗教的な信仰や先祖代々の思い入れが強くないご家族の場合であれば、
海洋散骨を選択肢に入れて検討してみるのもよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク