葬儀費用を安く抑えるためにオプションの確認、見直しをしましょう

スポンサードリンク

葬儀費用を安く抑えるためにオプションの確認、見直しをしましょう

葬儀にかかる費用の中心は、式場、斎場の会場費用と、
祭壇の利用料ですが、最近の葬儀社の料金プランは、
いくつかにランクわけをして、
セット料金として表示している場合が
多くなっています。

 

葬儀のセット料金に含まれるもの

セット料金には、祭壇利用料、人件費、
ドライアイス、棺、寝台車、霊柩車、枕飾り、
遺影、設営費用、骨壺、位牌、自宅用後飾り祭壇などが
含まれるのが一般的ですが、
別料金としている葬儀社もありますので、
そのセットに何が含まれているのか、いないのか、
その内訳をよく確認しましょう。

 

中にはよくわからない専門用語のようなものも含まれていることも
少なくありませんので、不明なものは遠慮せずに納得できるまで
質問するようにしましょう。

 

セット料金の表示では非常に安く表示されていたものの、
様々なものがセット料金に含まれずに、
「オプション」とされ、自動的にそのオプションが付帯されて
結果的に思っていたよりも高額の葬儀費用を請求されて
トラブルになるということも少なくありません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

事前にわからない費用もある

また、返礼品費、飲食費などは
セット料金に含まれていない場合が
多いですが、これらの費用は会葬者の人数に応じて、
決まりますので、葬儀が終わってみないと
いくらになるかわかりません。

 

セット料金が安く表示されていても、
これらの料金の単価が高ければ、
結果的に総額が高くなってしまうことになります。

 

葬儀社を利用して不満だったと感じる利用者は多い

葬儀社を利用して不満だったと感じる場合は、
残念ながらとても多く、アンケート調査など利用者の声を聞くと、
半数以上は不満があったり、その業者にはまた頼みたくない
という印象を持っている場合が残念ながら多くあるようです。
そういった不満に感じる業者というのは、
葬儀費用を不当に高く請求する業者だけでなく、
異常と思えるほどに安い料金で、
実際それ以上に費用がかからなかったとしても、
非常に雑でズサンなサービスに
ガッカリしたという例も少なくありません。

 

葬儀社を選ぶ際は複数社から見積もりをとって、
会葬者何人の場合に総額はいくらになるのかということを確認し、
価格だけでなく、応対の態度などから信頼できる業者か
よくよく考えて、依頼する葬儀社を選んでいただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク