墓じまいの移転先、その後の選択肢

スポンサードリンク

墓じまいの移転先、その後の選択肢

墓じまいの移転先

墓じまいとは霊園や寺院のお墓を撤去することですが、
墓じまいをした後に、その後の
遺骨の移転先の選択肢について説明します。

 

新しい墓地

.墓がお住まいの場所から遠い場所にあって、
なかなかお墓参りや管理ができない場合は、近くの霊園、寺院に
移転するという方もいます。

 

新たにお墓をたてる場合は、さらに新しい墓地、霊園に
永代使用料として数十万円と管理費として年間数千円、
新しい墓石の建立には120〜150万円、
納骨の儀式の納骨供養の僧侶へのお布施で3万円〜5万円
などで100万円〜150万円ほどの費用がかかります。

 

なお、かつてのお墓をそのまま移動する場合は、
解体費用や新しいお墓の購入費用はかかりませんが、
運搬費用がかかります。

 

遠方の場合であれば、
それだけ運搬費用も高額となります。

 

永代供養墓

永代供養墓は、他の人と一緒の墓あるいは、
同じ納骨室に安置されることから
他にも合祀(ごうし)墓、合同墓、合葬(ごうそう)墓、
共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などとも呼ばれていますが、
過去の宗旨宗派を問わず行うことができ、
以後、永代にわたってお寺が供養と管理を行ってくれます。、

 

また新たな墓石代もかかりませんので、
移転費用を抑えることができます。

 

費用は寺院や形式や納骨方法によって異なりますが、
30〜50万円が多いと言われています。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

納骨堂

個人、夫婦、家族ごとに個別に
ご遺骨を安置できる室内のお墓で、
ロッカー式のものや、仏壇式などさまざまなものがあります。

 

管理期間が決められている場合が一般的で、
期間が満了すると更新が必要となります。

 

樹木葬

霊園、墓地でお墓をたてずに、
木(花木)を墓碑として埋葬する方法です。

 

永代使用料や管理費も安く抑えられている場合が一般的で、
費用は30万円〜100万円程度で、
墓石を新たにたてるよりも
かなり費用を抑えることができます。

 

散骨

遺骨をパウダー状にして、
海や山などで撒くというものです。

 

粉骨作業が必要で、散骨をする場所も山や船を所有していないと
難しいところがありますので、粉骨化や散骨までを
専門業者に依頼した方がよいでしょう。

 

費用は3万円〜10万円程度が一般的です。

 

また、遺骨を自宅に安置したり、遺骨を粉骨し、
喉仏だけを残して、身近においておくという手元供養という方法もあります。

 

散骨業者、粉骨業者に、粉骨を依頼し、
喉仏だけを残してもらうという方法がありますが、
遺骨の一部だけを残し、
返還に応じることができる業者とできない業者がありますので、
事前によく確認をして依頼するようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク