墓じまいのトラブル、注意点

スポンサードリンク

墓じまいのトラブル、注意点

墓じまいとは、寺院や霊園のお墓を撤去することをいいます。
墓じまいをする理由としては、子供がおらず、
子供がいても女の子で嫁いだ場合など
跡継ぎがいない場合や、
先祖代々のお墓が遠方にあり、お墓参りに行けないので、
近くの墓地などに移転する場合、また、最近では、
維持管理が大変なことから、
墓じまいをして海洋葬や樹木葬で遺骨を
散骨するというケースもあります。

 

墓じまいでおこりがちなトラブル

親族、親戚間でのトラブル

承継者の方や、長男の方が墓石の管理を負担に感じ、
墓じまいをしたいと考えたときに、親族、親戚から反発を受け、
揉め事になることがあります。

 

法律的には、祭祀承継者は
墓を自由に処分することができますので、
勝手に処分したからといって、
法的責任が生ずるものではありませんが、
くれぐれも独断で決めずに、親族間の納得を得てから、
墓じまいをするようにしましょう。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

.

お寺院とのトラブル

墓じまいをする際には、お墓から魂を抜く魂抜きの儀式を
行いますが、その際には僧侶にお布施として、
2万円〜5万円ほどお渡しする必要があります。

 

また、墓じまいをすると同時に
檀家からも外れる手続きを行う場合、
離檀料というお布施を支払う必要があります。
(なお、離檀料の請求権は法的には、根拠がないものです。)
離檀料は寺院によっても異なりますが、
数万円〜20万円と言われており、この額に折り合いがつかず、
お寺とトラブルになることもあります。

 

お寺としては檀家さんが離れると、
収入源をひとつ失うことに
なりますので、墓じまいを考えなおすよう説得したり、
離檀料を高額にすることで、考えなおさせようとする場合もあるようで、
そのようなことでトラブルとなることもあります。

 

また、寺院が提携している石材店があり、
依頼者が自分で依頼した石材店による
墓石の解体工事を認めずにトラブルとなることもあります。

 

もし、当事者間で話が進まない場合は、
墓じまいの手続きを行政書士に依頼し、
行政書士を間に挟んで、事務的に物事をすすめていくようにすると、
お寺もある程度、話に応じてくれる傾向にあるようです。

 

ただし、行政書士はトラブルの解決として紛争している一方の代理人となると、
弁護士法との兼ね合いで踏み越えられないラインもありますので、
行政書士に依頼できるのは、あくまで手続きの代行であって、
それに付随する希望を依頼者に代わってお寺に伝えるということで、
行政書士がお寺と交渉して話をまとめるということではありませんので、
微妙なラインではありますが、理解しておいてください。

 

どうしてもお寺が応じない場合に、誰か交渉を依頼したい場合は、
弁護士に依頼しなければならないことになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク