散骨する前の粉骨化について

スポンサードリンク

散骨する前の粉骨化について

散骨する前提として粉骨化が必要

遺骨を海や山などに散骨する場合は、
必ず遺骨を2mm以下に細かくして
パウダー状にする「粉骨」をする必要があります。

 

散骨については、法律上の扱いでは、
散骨について細かい規定はないものの、
「葬送の目的として、相当の節度をもって行われる限り、
遺骨遺棄罪にはあたらない」
という見解が示されており、遺骨を粉骨化することが、
「相当の節度」の守る大前提と認識されています。

 

粉骨する方法

遺骨を粉骨するための「粉骨機」
という機械が販売されていますが、
工業用のミル(粉砕機)で粉骨化することもできます。

 

とはいっても、火葬の際に、遺骨を納めた骨壷には、
小銭や金属などの遺骨以外の異物が紛れ込んでいることもあり、
また、長年お墓に納められて骨壷には、
虫などの異物が混入していることもあったり、
湿気を含んでいる場合が多いので、
粉骨をする前に異物を取り除いて、
乾燥させるなどの作業も必要で、
一般の方がご自身で粉骨するのは
難しい場合が多いと思いますので、
業者に依頼するのが一般的かと思います。

 

散骨を扱う業者は粉骨も行ってくれるのが一般的

業者に依頼する場合は、散骨を扱う業者が粉骨化をはじめ、
散骨に必要な手続きなどもまとめて行ってくれる業者がほとんどです。

 

業者の中には、粉骨方法にもこだわり、
お骨を洗う洗骨を行ったり、
機械ではなく、人の手で粉骨したり、業者が依頼者宅に訪問し、
依頼者立ち合いの上で、粉骨を行うという業者もありますので、
各業者に詳細を問い合わせて、
ご自身の希望の内容と予算に合った業者を選ぶとよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク