散骨に関する法律

スポンサードリンク

散骨に関する法律

遺骨をパウダー状にして、散骨・海洋葬をする場合、
守らなければならないルールとマナーがあります。

 

散骨に関する法律

散骨について、法律上、明確に規定はされていませんが、
関係する法令としては「刑法190条」と
「墓地埋葬等による法律(墓埋法)」
があります。

 

刑法190条は次のように規定しています。

(死体損壊等)
第190条死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、
遺棄し、又は領得した者は、3年以下の懲役に処する。

 

法務省はこの規定と散骨について
「刑法190条の遺骨遺棄罪の規定は、
社会的風俗としての宗教的感情を保護するのが目的であり、
葬送の目的として、相当の節度をもって行われる限り、
遺骨遺棄罪にはあたらない」
という見解を示しています。

 

また、墓地埋葬等による法律(墓埋法)の4条で
次のような規定があります。

 

第四条  埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない。
2  火葬は、火葬場以外の施設でこれを行つてはならない。

 

これについて厚生省(現厚生労働省)は、
「墓地埋葬等による法律(墓埋法)第4条は、
もともと火葬や遺体の埋葬(土葬)や遺骨の埋蔵を対象とし、
「散骨」という遺骨を撒く葬法は想定していない。」
という見解を示しています。

 

このため、散骨は法律の規定外ということで、
許可や届け出などの手続きはないということになります。
とはいえ、遺骨をどこでも自由に撒いてよいということではありません。
散骨について細かい規定はないものの、
「葬送の目的として、相当の節度をもって行われる限り、遺骨遺棄罪にはあたらない」
という見解にある「相当の節度」を守る必要があります。

 

「相当の節度」とは

「相当の節度」とはどのようなものかは明確ではありませんが、
まず、遺骨は2〜3mm以下のパウダー状にし、
遺骨とわからない状態にすることが前提です。

 

海に散骨する場合

海葬の場合、漁場から離れ、他人の目に触れる可能性のある場所を避け、
喪服で乗船することは避け、水産物などへの
風評被害が起こらないよう配慮しなければなりません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

山に散骨する場合

山に散骨する場合は、他人の土地に無断で撒くことは避け、
農産物などへの風評被害が起こらないよう配慮しなければなりません。
自分の所有する山であれば撒くことは可能ですが、
その際も周辺に迷惑とならないように配慮しましょう。
山を所有していない場合でも、埋葬するために、
購入するという選択肢もあります。
山の地価は基本的にかなり安価ですので、
埋葬に必要な土地であれば、
数万円で購入できることも珍しくありません。

 

自宅の庭に散骨する場合

自宅の庭に散骨するということも可能ですが、
撒いた焼骨が風で飛ばされたり近所に迷惑、不快感を
与えないように配慮が必要です。
なお、自宅の庭に墓地を作ることは法令上認められていません。

 

散骨をするために遺骨を取り出す場合は自治体にご確認を

散骨は、死者の遺骨を自然に還すという考え方、
いわゆる「自然葬」として海や山などで行われるようになったものです。
人骨に対する感情は人により様々であり、焼骨を撒けば、
風で飛ばされたり、住まいのそばに
骨が撒かれたということで気分を害する人も出てきます。

 

なお、個人が庭などに墓地をつくることは
法令上認められていません。

 

また、納骨している墓地や納骨堂などから
他の墓地や納骨堂や自宅へ遺骨を移す場合は、
区市町村による改葬許可が必要となりますが、
散骨のために取り出す場合は、
自治体により取扱いが異なりますので、
お住まいの必要な自治体で確認してください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク