香典返しの品物、価格、即日返しと後日返しどちらがよい?

スポンサードリンク

香典返しの品物、価格、即日返しと後日返しどちらがよい?

香典返しとは

通夜や葬儀を行った際は、
会葬者から香典をいただきますが、

 

そのお返しとして「香典返し」をします。
香典への返礼は「半返し」と言われ、郵送料を考えると、
商品の価格は香典の3分の1程度でだいたい2,000〜3,000円の
タオルや石鹸、洗剤など商品が一般的ですが、近年は、
会葬者が自分で好きなものを選べるカタログギフトなども人気です。
高額の香典をいただいた方には、
その他にお礼をすることもあります。

 

香典返しは、即日返しと後日返しどちらがよいか

香典返しをいつするかについてですが、
その日にすぐお返しをする「即日返し」(「当日返し」「その場返し」)の場合と、
四十九日目の忌明け法要を行う死後49日目七七日忌を終えた後に、
香典のお礼を兼ねて品物を贈る「後日返し」(「忌明け返し」)の場合があります。

 

香典返しは、即日返しと後日返し、
いずれの方法でもよいですが、
それぞれのメリット、デメリットとしては次のようなものがあります。

 

香典の即日返しのメリット・デメリット

その場で渡すことができるので、後日香典帳を整理し、
ひとりひとりに郵送する作業の手間や送料をカットできるというメリットがある反面、
一般的には後日返しの方が定着しているので、
会葬者に香典返しと理解されていない場合があり、
後日「香典返しがなかった」と思われてしまうケースもあったり、
会葬者の荷物になってしまうというデメリットがあります。
なお、即日返しの場合は、葬儀費用として計上可能ですので、
相続税の金額控除対象となります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

後日返しのメリット・デメリット

後日返しは、香典帳を整理して郵便番号を調べるなど
郵送(を依頼)する作業と、郵送料などがかかりますが、
会葬者としては葬儀当日荷物にならないというメリットがあり、
また、会葬者の香典の金額や好みに応じた商品を選ぶことができる
というメリットがあります。
なお、後日返しの場合は、葬儀費用とならないため、
相続税の金額控除対象となりません。

 

まとめ

ということで、香典返しの即日返しと後日返しは、
即日返しは送る側(喪主・遺族)にメリットが多く、
後日返しは送られる側(会葬者)に
メリットが多いということになるかと思います。

 

なお、小さなお子さんがいるご家庭などで、
一家の生計を支えていた方が亡くなった場合は、
香典返しをせずに養育費にあてるために香典返しを
省略させていただくということもあります。

 

その場合、後日お礼の挨拶状などをお送りするとよいでしょう。

 

また、葬儀に参列できず、弔電のみを
いただいて香典の郵送もいただいていない方には
品物を送ると逆に気遣いをさせてしまうことにもなりますので、
お礼状のみをお送りするということでよいでしょう。

 

また、近年は故人の意思で、香典を
福祉施設、教育機関等に寄付されるという場合もあります。
その場合も、その旨とお礼を書いた挨拶状をお送りするとよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク