社葬の香典の書き方、金額の相場、税務上の処理について

スポンサードリンク

社葬の香典の書き方、金額の相場、税務上の処理について

社葬とは、故人の属していた企業(会社)が施主となって、
会社のお金でとり行う葬儀のことです。

 

社葬の香典の表書き

会葬者が出す香典の表書は、
宗旨宗派によって書き方が異なることになります。

 

「御霊前」という書き方が各宗教を通じてもっとも一般的ですが、
浄土真宗、キリスト教の中のプロテスタントの場合は
「御霊前」という言葉は避けるべきです。

 

「御香典」(目上の方には「御香奠」)という書き方であれば、
どの宗教でも問題ないと思います。

 

社葬の香典の金額

香典の金額は、参列者と故人との関係性にもよりますが、
最高でも20万円までで、2万円、3万円、5万円、
といった額が一般的と思われます。

 

香典に入れるお札は新札でなく、古いお札か、
新札でも一度折ったものを包むようにしましょう。

 

やむを得ず葬儀に参列できず、香典を郵送する際は、
不祝儀袋に入れ、お悔やみの手紙と共に、
現金書留で送りましょう。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

社葬の香典の取り扱い

会葬者からいただいた香典は、
社葬においても香典はご遺族が受け取り、
ご遺族が香典返しをするのが一般的です。

 

香典の金額が社会通念上相当と認められるものについては、
所得税法上も相続税法上も課税されません。

 

香典返しの費用を企業が負担すると、
遺族側に贈与税が発生することになりますので、
会社は香典返しの費用を負担しないのが一般的です。
(数が多い場合は、ご遺族の意向を確認した上で、
会社がその手伝いや代行を行う場合もあります。)

 

なお、香典を会社の収入とした場合は、
法人税法上、雑収入として益金算入されます。

 

最近は、社葬での香典を辞退するとしている場合もあるようですが、
会社が社葬での香典を辞退した場合は、
特に故人とつながりの強い方、会社の場合は、
後日などにご遺族に個人的にお渡しするということもあるようです。

 

なお、香典を渡す側の参列者の企業は、
交際維持費(対社内の場合は福利厚生費)として
計上することができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク