家族葬の費用、メリット、デメリット、注意点

スポンサードリンク

家族葬の費用、メリット、デメリット、注意点

家族葬とは

「家族葬」という言葉は1990年代後半あたりから使われだし、
徐々に定着しつつありますが、明確な定義はなく、
「身内葬」と呼ぶこともあったり、かつては
「密葬」と呼んだものを言葉をかえて
「家族葬」と呼んでいる場合もあるようです。

 

それまでの一般的な葬儀と比較して小規模で人数の少ないもので、
故人の家族と近親者など親しい間柄だけで行う葬儀を
指して呼ぶことが多いです。

 

家族葬のメリット

家族葬として小規模で葬儀を行うメリットとしては、
参列者が家族やごく親しい間柄だけの方ですので、
遺族の方が最後の別れを
静かにゆっくりと行うことができる点です。

 

一般的な葬儀で規模が大きければ大きいほど、
喪主や遺族は多くの人と顔をあわせ、
対応に忙しく故人との別れをじっくりすごすことができず、
また精神的な疲れも大きくなります。
最近は、家族葬用としての小規模の葬儀場もあり、
規模の大きなものよりも費用は安く抑えることができます。

 

ただ、規模の大きな葬儀の場合で、
会場費用が高くなっても
参列者の方が多ければ、香典も多くなりますので、
大きな規模の方がむしろ会場費用よりも
香典でいただく総額が大きくなる
ことも珍しくありませんので、家族葬にすることによる
費用面のメリットはもしかするとあまりないかもしれません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

家族葬のデメリット、注意点

家族葬を行う際のデメリット、注意点としては、
年配のご家族の納得が得られなかったり、
不満をもったまま、わだかまりとなる場合や、
参列者としてどこまでの方を呼ぶかを悩み、
呼ばれなかった方が不快に感じ、
その後の関係が悪化する
ということにもなってしまうことです。

 

ですから、参列者を選ぶ場合は
慎重に行う必要があります。

 

最近は、家族葬を行った後日、
「偲ぶ会(お別れ会)」を開き、
葬儀に参列しなかった方に
参加してもらうという場合も多いようです。

 

故人とは非常に親しくしていても
遺族の方が把握していない場合もありますので、
故人に生前に望む葬儀の方法や、
葬儀に呼ぶ人リストを作ってもらっておくと、
喪主や遺族の方もスムーズで、周囲の納得も得やすいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク