葬儀(通夜)での食事のマナー、注意

スポンサードリンク

葬儀(通夜)での食事のマナー、注意

仏式の葬儀では食事の機会が何度かありますが、
今回は通夜のあとの食事(通夜振る舞い)の際の
マナー、注意について説明します。

 

通夜振る舞いとは

通夜が終わった後の食事を
「通夜振る舞い」といいます。

 

家それぞれ伝統がある場合や、
地域によって風習がある場合もあり、
その様式、規模はさまざまな場合があります。

 

通夜振る舞いは近親者のみとする場合もありますが、
会葬者も参加し、盛大に行われる場合もありますので、
招かれた場合はなるべく応じるようにしましょう。

 

ちなみに関東方面では、
友人、知人、ご近所、職場の関係者など
大人数とすることが多く、
関西方面では、遺族や親族のみで
通夜振る舞いを行うことが多いようです。

 

 

喪主は、通夜振る舞いを始める際と、
解散する際にあいさつをします。

 

通夜振る舞い中は、
出席してくれた方にあいさつをして回り、
故人の話などをしますが、
必ずしもお酌をしなければならないというものではありません。

 

通夜振る舞いでのマナー、注意点

食事は、一般的には寿司や揚げ物、煮物などが大皿、オードブルで出され、
お酒が供されることが多いです。
お酒をすすめられた場合は、お受けするのがよいですが、
飲み過ぎたり、騒いだりせず、
話題も故人や遺族に関するもののみとし、
大きな声で話したり、大きな声で笑ったりしないように気をつけましょう。
また、遺族は精神的に辛い状態で、葬儀のしごとなどが忙しいので、
あまり長く話し込まないように気をしましょう。
通夜振る舞いは1時間程度となることが一般的ですが、
あまり長居しすぎないように注意しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク