火葬の仕組み、流れ、手続き、費用について

スポンサードリンク

火葬の仕組み、流れ、費用について

現在の日本の埋葬方法は99.9%以上が火葬

現在日本では、遺体の埋葬方法は、
どのような宗教でも99.9%火葬によります。
遺体を柩に入れて、そのまま土中に埋める土葬は
自治体の条例で禁止されている場合が多く、
禁止されていない場合でも、
許可を取るのは難しくなっています。

 

火葬許可証

火葬を行うには、
まず前提として役所に死亡届を提出し、
死体火葬許可証を交付してもらい、
火葬場に死体火葬許可証を提出する必要があります。

 

葬儀社が代行してくれる事が多いので、
遺族や喪主の方が自ら行う必要がない場合もあります。

 

火葬場

火葬場は全国の各都道府県にありますが、
自治体が運営するものもあれば、
民間業者が運営するものもあります。

 

都道府県によって、火葬費用の相場は異なり、
東京都が最も高くなっています。

 

公営の火葬場よりも民営の火葬場の方が
一般的に費用は高くなります。

 

民営の場合、参列者の人数や、
火葬中待合室のグレードにより、
さまざまな料金設定となっている場合が多いです。
(公営の場合、お住まいの自治体であれば無料や、
非常に安い価格で利用できる場合があります。)

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

火葬は一般的には、友引の日は避けるべきとされており、
友引の日を定休日としている火葬場も多くありますが、
公営の場合、友引でも営業しているところもあります。

 

火葬の流れは、葬儀終了後、
霊柩車で火葬場や遺体を移動し
(参列者はマイクロバスなどで移動)、
火葬前の読経や祈りなどを行い、
最後のお別れを行いますが、
棺に入れる副葬品は、事前に火葬場に入れてよいものかどうか
確認しておいてください。

 

メガネやアクセサリーなどのガラス製品、金属製品や、
ライターなど爆発物などは断られる場合が多いです。
副葬品を添えて、最後のお別れをしたら、
火葬となります。

 

火葬を行う際の炉内の温度は、
有害・公害物質の排出を抑制するという観点や、
炉の寿命や燃料消費量などの観点から
最低温度と最高温度を定めており、
平均温度800℃〜950℃とされていますので、
遺族の方の希望で温度設定を
変更を希望するようなことはできません。

 

火葬は1時間〜2時間程度かかりますので、
その間、遺族、参列者は休憩スペースで飲み物、軽食をとり、
火葬が終わったら骨壷に
お骨を入れる拾骨という流れになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク