法要の準備 会場、食事など注意すべき点について

スポンサードリンク

法要の準備 会場、食事など注意すべき点について

法要とは

「法要」とはそもそも仏教用語です。
人は亡くなると、その日から数えて7日ごとに、
死後の世界で閻魔大王に、
来世の行く先を決めるための裁きを受けるといわれており、
遺族は、この七日ごとの裁きの日に合わせて法要を行ない、
故人が成仏できるように祈るということになっています。

 

法要は、
初七日忌(死後7日目)
二七日忌(死後14日目)
三七日忌(死後21日目)
四七日忌(死後28日目)
五七日忌(死後35日目)
七七日忌(死後49日目)
百箇日(死後100日目)

 

となっていますが、現在では、死後7日目の初七日忌と、
極楽浄土に行けるかどうかの判定が下される
四十九日目の忌明け法要を行う死後49日目七七日忌に、
僧侶や近親者を呼んで法要を行うのが一般的です。

 

 

死後49日目の七七日忌

 

初七日忌は、葬儀当日に行いますので、
一般的に現在「法要」といえば
七七日忌 (しちしちにちき) (なななぬか)の
四十九日 (しじゅうくにち) のことを言います。
遺族は日程を決め、お寺の手配、引出物の手配、食事の手配などを行ないます。
七七日(49日)にあたる日が平日の場合は、
参列者が集まりやすいように、直前の土日に行うのが一般的です。

 

七七日忌の会場

 

会場は、自宅、寺、ホテルなどさまざまな場合があり、
お寺で法要だけを行い、その後ホテルや料亭などで
食事とするというふうに、地域やお寺との関係など
故人や遺族によってさまざまです。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

七七日忌の食事

 

食事は伊勢海老や鯛など
おめでたいものは避けるべきですので、
ホテル、料亭に予約する際は法要であることを伝えておきましょう。
また、ホテルの会場で法要を行う場合は、
焼香などが禁止されている場合もありますので、
事前によく確認しておきましょう。

 

七七日忌の引き出物

 

忌明け法要では、
参列者から「御仏前」をいただくことがありますので、
その際のお礼として引き出物を用意しておく必要があります。

 

品物は石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や、お菓子、カタログギフトなど
参列者の荷物にならないものを選びましょう。

 

七七日忌ののお布施の相場

 

僧侶に渡すお礼は、
御布施または御経料は、3万円程度
お車代5千円?1万円程度

 

僧侶が法要のあとのお食事(お斎)を辞退する場合は、
御膳料5千円?2万円程度
を準備しておきましょう。

 

全国300社の中から最適な御見積りを致します!【葬儀レビ】
葬儀レビ

スポンサードリンク
スポンサードリンク