有給消化は違法か?会社側は拒否できるか?

スポンサードリンク

有給消化は違法か?会社側は拒否できるか?

有給休暇を消化していない状態で会社を退職する際に、
残った年次有給休暇をまとめて消化できるのかということですが、
まず労働者の側から退職を申し出る場合、
最短で2週間前に申し出ればよいこととなっており、
残りの日数を有給休暇として消化して辞める事は、
法律的には可能です。

 

ただし、有給休暇は労働関係を前提としたものですので、
労働契約が終了すればそれに伴って、
消化していない有給休暇は消滅しますので、
退職後の日で有給休暇を消化することはできません。

 

会社側から労働者を解雇する場合

会社側から労働者を解雇する場合は、
1カ月以上前に解雇を予告する義務がありますが、
労働者はその日から1ヶ月の間で有給休暇を消化することになり、
会社は有給休暇の消化を拒んだり、
時季変更権を行使することができませんので、
労働者の申し出た有給の日を
認めざるを得ないということになります。

 

なお、原則として会社が労働者の有給休暇を
買い上げることは認められませんが、
退職時に、消滅してしまう有給休暇を
買い上げることは可能とされています。

 

ですから、有給休暇が残っているものの、
退職日まで出勤してほしい場合は、
有給休暇相当分の金銭を支払うことで、
有給休暇の買い上げという形を
取ることができるということです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク