有給休暇を使う際に理由は必要か?

スポンサードリンク

有給休暇を使う際に理由は必要か?

労働者が有給休暇を使いたいと申し出た場合、
会社側は原則として受け入れなければなりません。

 

労働基準法上、有給休暇をつかって
休みを取る理由はどのようなものでも構いませんし、
会社が理由を求めても、
労働者はその理由を報告する義務はありません。

 

また、会社が理由をつけて、
有給休暇をつかって休みを取ることを
拒むこともできません。

 

忙しい時期に、人手が足りない場合であっても、
原則としてそれを理由に有給休暇を
つかうことを拒むことはできません。

 

ただし、事業の正常な運営を妨げる場合は、
会社側は年次有給休暇の日を変更させる
「時季変更権」を行使することができます。

 

時季変更権の行使が認められるか否かの判断

時季変更権の行使が認められるか否かは、
事業の規模、内容、事業活動の繁閑、
労働者の担当業務と他の労働者の休暇との調整など、
総合的な事情を踏まえて判断することになりますが、
会社側は労働者の希望が実現できるように、
代替要員の確保などの配慮をしなければならないとされています。

 

日常的に忙しく、慢性的に人手が足りないという理由の場合は、
時季変更権の行使はできないと考えられます。

 

(常に忙しいのでは、いつになっても
有給休暇を使えないことになってしまうからです。)

 

なお、就業規則に、
「年次有給休暇は必ず取得する前日までに申請書を提出すること」
といった定めを置くことは問題ありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク