人事異動、出向、転勤を拒否できる「正当な理由」とは?

スポンサードリンク

人事異動、出向、転勤を拒否できる「正当な理由」とは?

人事異動とは

人事異動とは、会社の組織内で、
従業員の地位や配置、
勤務状態を変えることをいいます。

 

職種の変更、他の職位への異動を「配置転換」、
同一企業内での事業所、勤務地の変更を「転勤」と呼びます。

 

出向とは、労働者が出向元に籍(従業員の地位)を残したままで、
他の企業(出向先)の業務に従事することをいいます。

 

転籍とは、労働者が
元の会社との労働契約関係を終了させて、
他の企業に従業員たる地位を移すものをいいます。

 

人事異動については、労働基準法には
有効・無効についての直接的な取り決めはありませんが、
労働協約や就業規則等に、
根拠規定や同意規定が明記されている場合、
会社側に従業員の配転命令権が認められ、
これらの規定に従って異動が認められるのが通常です。

 

ですから、原則として社員は
人事異動の命令に従わなければならず、
拒否することは原則としてできず、人事異動命令に従わない場合は、
懲戒処分の対象となります。

 

ただし、配転命令権も
無制限に認められるわけではありません。

 

会社側の配属命令権の行使が
濫用であるような場合には、異動が無効となります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

異動命令が権利の濫用にあたる場合

具体的に異動命令が権利の濫用にあたるのは、
異動に業務上の必要性がない場合や、
異動に業務上の必要性がある場合でも、
不当な動機、目的で異動が行われたときや、
労働者に「通常甘受すべき程度を
著しく越える不利益」を与えるときです。

 

「不当な動機、目的」「通常甘受すべき程度を
著しく越える不利益」の
具体例としては、事実上退職を目的とした異動や、
賃金の大幅引き下げや、
権限の縮小などで職業上の不利益を生じるケース
(辞めさせることを目的とした嫌がらせの人事異動のような場合です)、
また、本人や家族の病気や、
両親や高齢者の介護、共働き等の家庭の事情で
生活に不利益を生じるケースなどが該当するとされていますが、
裁判例を見てみると、
「親が病気がちで面倒をみたい」、
「幼い子どもの子育てをしたい」
という程度の事情では、転勤拒否の
正当な理由にならないとみなされる傾向にあるようです。

 

人事異動でお困りの方は

原則として社員は人事異動を拒否することは難しいですが、
非常に重大な理由がある場合は認められる場合もあります。
会社側に説明しても納得してもらえない場合が多いと思いますが、
どうしてもその事情を理由に人事異動を断りたいとお考えの方は、
弁護士にご相談してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク