実印の印鑑登録 代理人による場合、引っ越しの場合などについて

スポンサードリンク

実印の印鑑登録 代理人による場合、引っ越しの場合などについて

実印とは

住所地の市区町村役場に、印鑑を登録することができます。
いわゆる「実印」というものです。

 

自動車の売買、不動産の取引、
公正証書、遺産分割協議書の作成など、
金額的に大きい契約や、身分を証する手続きや申請をするときに
「印鑑証明書(印鑑登録証明書)」と、
その印鑑での押印が必要になる場合があります。

 

印鑑登録は、1人につき1本だけ登録できます。
市区町村によって異なりますが、
一般的には、15歳の者がすることができます。
外国人の方でも外国人登録をしていれば登録ができます。

 

実印のサイズ

印影の大きさは8ミリの正方形より大きく、
また25ミリの正方形より小さいもので、
シャチハタや三文判は登録できません。
印鑑を作る際に、ハンコ屋に「実印用」と告げれば、
役所ではねられるようなハンコとなることはないと思います。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

印鑑登録する際に必要なもの

印鑑登録をする際は、登録する印鑑と、住基カード、運転免許証などの
身分を証するものを持参してください。

 

印鑑登録が済むと、印鑑登録証(カード)をもらうことができます。
印鑑証明書を発行する際はこのカードを持参して、
発行を請求するということになります。

 

また、代理人に印鑑証明書の発行請求を依頼する場合は、
このカードを預け、暗証番号を伝えることで行うことができます。
(委任状を作成する必要がありません)
ただ、便利な反面、カードを盗まれパスワードがバレると、
他人に簡単に印鑑証明書を取得されることになりますので、
じゅうぶん注意しましょう。

 

本人以外の代理人によって印鑑登録をする際は、
少々手間がかかります。

 

代理人が、委任状と登録する印鑑を持参して、
印鑑登録申請書を市区町村役場の窓口に提出してください。

 

後日、本人確認のための回答書が郵送にて送られてきます。

 

回答書に必要事項を記載し、登録する印鑑、
本人、代理人の本人確認書類(運転免許証など)を持参し、
印鑑登録を行うという流れになります。

 

引っ越しをした場合の印鑑登録

同一の市区町村内間で引っ越しをした場合は、
住所変更の届出を提出した際に、
あわせて印鑑登録の住所も変更されますので
特に手続きは必要あります。
他の市区町村に引っ越しをした場合、それまでの住所の市区町村役場に
転出届けを提出すると、それまでの印鑑登録も廃止となります。
新たな住所の市区町村役場で転入届をし、
改めて印鑑登録を行ってください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク