医療保険・がん保険の必要性、保障内容について

スポンサードリンク

医療保険・がん保険の必要性、保障内容について

日本では、公的医療保険制度があり、
多くの場合、少ない自己負担で医療行為を受けられますので、
民間の医療保険にも別途加入しておくべきか、
その必要性については個人の判断ということになります。

 

例えば、自動車に乗る際は、
自賠責保険は強制加入ですが、
人身事故を起こしてしまった場合、
数千万円や億単位の賠償額となることも珍しくなく、
自賠責保険だけでは
とても賠償しきれない場合が通常ですので、
民間の自動車保険に加入しておくのは必須と考えられ、
実際、車を所有、運転する人は圧倒的大多数が
民間の自動車保険に加入しています。

 

これに対して医療費については、
公的医療保険制度により保険診療であれば、
自己負担額は3割となります。

 

高額な医療費となっても、
高額療養費制度によって、大きな医療費が必要となっても、
一定額以上の部分については、公的医療保険制度で負担されますので、
医療保険(疾病入院保障保険)の加入率は
約7割となっています。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

医療保険・がん保険の必要性、保障内容

では、医療保険は
どのような場合を想定したものかというと、
入院中や手術の際に発生する
大きな医療費の負担の備えということになります。

 

例えば入院をする場合、公的医療保険制度で負担されない
「差額ベッド代」で、病院によっても異なりますが、
1日平均6,000円近い額となります。

 

その他、入院の際の自己負担額は
1日あたり1万5,000円以上となり、
10日の入院で15万円以上の自己負担が発生することになります。
また、先進医療の治療を行う場合、
技術料は全額自己負担となり、その額は数百万円となることも
珍しくありません。

 

入院をして、このような高額となる
医療費の治療を行う場合の備えとして、
医療保険が必要となります。

 

特に癌(がん)と診断された場合は、
がん治療の先進医療が必要となることが少なくなく、
がん保険はそういった負担を
カバーするものとなっています。

 

貯蓄に余裕がある方や、
入院中にも継続的な収入が見込める方で、
月々保険料を支払って医療保険に加入せずとも、
自己負担でカバーできるという方であれば医療保険に加入せず、
自分でいざという場合に備えておくということでもよいかもしれません。

 

給与所得者のサラリーマンの場合であれば、
健康保険から傷病手当金を受け取ることができますので、
入院中もある程度の収入がありますが、
自営業者の場合は収入がゼロになってしまう可能性もあります。

 

当然入院中も、ローンや家賃、家族の生活費などは
発生しますので、自営業の一家の大黒柱の方が病気で倒れた場合、
その負担は大きなものとなりますので、
医療保険はそのようないざという場合の備えということになります。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク