無選択型保険、引受基準緩和型医療保険のメリット、デメリット

スポンサードリンク

無選択型保険、引受基準緩和型医療保険のメリット、デメリット

一般の医療保険は、
過去に入院や手術を受けたことがあるや、
すでに病気の治療をしている方の場合、
加入することができない商品が多くあります。

 

無選択型保険のメリット、デメリット

無選択型保険は、
保険に加入する際の健康状態を問わずに、
加入できる保険のことをいいます。

 

ただし、無選択型の保険でも、
過去にかかったことがある病気で、
現在は治癒している「既往症」については、
保障の対象外とするものも
ありますので、注意してください。

 

無選択型保険は、
誰でも簡単に加入できるというメリットの反面、
保険料が割高で、保障期間が短い、
保障額が少ないというデメリットもあります。

 

また保険料が支払われる条件が厳しい傾向にありますので、
加入する際は、保険料をもらえる場合、
もらえない場合をよく確認するようにしましょう。

 

引受基準緩和型保険のメリット、デメリット

引受基準緩和型保険とは、
簡単な質問のやり取りのみで加入できる保険で、
告知項目を限定することで引受基準を緩和し、
持病や入院・手術の経験がある方でも加入することのできる
医療保険のことをいいます。

 

位置づけのイメージとしては、
一般の医療保険と、無選択型保険の
中間とかんがえるとわかりやすいかと思います。

 

保険料や保障額は一般の医療保険よりは不利ですが、
無選択型よりはよい条件となりますので、
引受基準緩和型保険の条件をクリアする状態であれば、
無選択型よりもこちらに加入したいところです。

 

こちらの場合も、加入する際は、
保険料をもらえる場合、もらえない場合を
よく確認するようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク