専業主婦も生命保険、医療保険は必要か?

スポンサードリンク

専業主婦も生命保険、医療保険は必要か?

多くの場合、一家の収入の柱の夫が
病気になった場合の医療保険、
亡くなった場合の生命保険は最優先に考えますが、
収入のない専業主婦の方の、
病気になった場合の医療保険の必要性は感じても、
生命保険は不要と思いがちですが、
実は生命保険も非常に重要な役割を果たします。

 

夫が亡くなった場合、
民間の保険会社の保険料のほか、
お子さんがいる場合であれば
年間に100万円以上の遺族厚生年金が支給され、
住宅ローンを組んでいる場合であれば団体信用生命保険によって
住宅ローンの支払いは不要になります。

 

専業主婦の方が亡くなった場合の夫の負担

これに対し、専業主婦の方が亡くなった場合、
遺族年金はなく、依然として住宅ローンの負担は残りますので、
夫としては収入面に変わりがなく、その中でそれまで奥さんがこなしていた
家事、育児、お子さんの
送り迎えなどといった負担がやってくるということになります。

 

その場合の肉体的、精神的は非常に大きなものです。
このような場合に、専業主婦の方でも生命保険をかけておくと
精神的なゆとりが変わってくるものです。

 

男性の場合、3,000万円以上クラスの
死亡保障を考えることが多いと思いますが、
専業主婦の女性であれば、300万円ぐらいからの保障でも
検討してみるとよいかもしれません。

 

女性の場合、男性よりも保険料も安くなりますので、
月々の保険料が1,000円台からの保険商品もありますので、
お子さまが成人するまでの期間だけでも、
専業主婦の方の保険を検討してみてもよいかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク