保険の全期型、更新型のメリット、デメリットの比較

スポンサードリンク

保険の全期型、更新型のメリット、デメリットの比較

保険商品には更新型と全期型がある

全期型のメリット、デメリット

全期型は、契約期間が終わるまで、
保険料の支払額が変わらないタイプのものです。

 

保険料が変わらないということは、言い換えると、
年齢を重ね、病気などのリスクが高まって保険料が高くなるぶんを
若いうちに先払いしておくということでもありますので、
若い間に収入が少ない段階で
保険料の負担が大きくなるというデメリットもあります。

 

ただ、年齢を重ね、収入の増加が約束されないような昨今、
収入のあるうちに支払っておいてしまい、
今後、保険料が上がらないという安心感も
あるとも考えることができます。

 

更新型のメリット、デメリット

更新型は、10年や15年などの
一定期間ごとに契約が終了し、
その都度更新ということになります。

 

一般的には、更新の際に保険料が
上がっていくということになります。

 

年齢を重ねるごとに、
病気のリスクが上がっていきますので、
更新ごとに保険料が上がっていきますが、
逆の言い方をすれば若いうちは
保険料が安いと考えることもできます。

 

年齢を重ね、収入が増える状況であれば更新型が
マッチしていると言えますが、
かつての年功序列のしくみがこの先どうなるかということや、
会社そのものの存続の不安もある昨今ですから、
メリットの大きい更新型とはいえ、
必ずしもすべての方にマッチしたものとは
言いがたいのかもしれません。

 

「更新」ですので、更新をしないという選択肢もありますので、
更新のタイミングで保険の見直しを検討してみても
よいのかもしれません。

 

保険の全期型、更新型は現在は更新型が
一般的かとは思いますが、
ご自身の状況や今後の見通しで、
ふさわしい保険を見なおしてみてもよいかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク