保険料の支払い方法一時払いと全期前納払いの違いを解説

スポンサードリンク

保険料の支払い方法一時払いと全期前納払いの違いを解説

保険料の支払方法には、毎月支払う月払い、
半年どとに支払う半年払い、一年ごとに支払う年払い、
そして保険料を一括で支払う、
一時払いと全期前納払いがあります。

 

両者は、契約時に全ての保険を保険会社に渡すという点では、
共通していますが、いくつか異なる点があります。

 

今回はその、一時払いと全期前納払いの違いについて説明します。

 

一時払いと全期前納払いの違い

一時払いの場合、保険料が保険会社に支払った時点で、
全ての保険料の支払いが完了します。

 

全期前納の場合も保険料を一括して保険会社に渡しますが、
保険会社でそのお金を一旦預っているという形になり、
毎月保険料の支払期日が来たら支払う形になります。

 

この違いにより、全期前納払いでは、
保険事故発生時や解約時に
まだ到来していないぶんの預けていた保険料が返還されることになりますが、
一時払いでは返還されないということになります。
このように一時払いの方がリスクが高いので、
保険料が割安となるというメリットがあります。

 

所得税や住民税の控除を受けられる保険料控除については、
一時払いは、保険料を支払った最初の年のみ受けられ、
全期前納の場合は、
毎年受けることができるという扱いになります。

 

ということで、保険料を一括での支払いをお考えの方は、
全期前納払いと一時払いで、
そのリスクと保険料の割引の関係についてと、
保険料による節税対策の視点でどちらがご自身にふさわしいか
検討していただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク