個人年金にはどのような種類があるかわかりやすく解説

スポンサードリンク

個人年金にはどのような種類があるかわかりやすく解説

個人年金保険は、保険会社が
それぞれ様々な種類の商品を販売していますが、
主に、保険料の支払い方、年金の受け取り方、リスクの有無
が大きな違いです。

 

これらについて、ご自身にあった
保険商品を選ぶことが重要です。

 

保険料の支払い方

保険料の支払方法は、1ヶ月ごとに支払うもの、
半年ごとに払うもの、1年ごとに支払うもの、
一括して支払うものがあります。

 

まとめて支払った方が、保険料が安くなりますので、
貯蓄に余裕があるのであれば
そのような選択をしておくとよいかもしれません。

 

逆に、まとまったお金がない場合は、
どのぐらいの分割払いが可能で、
適切かじっくり検討しましょう。

 

年金の受け取り方

年金の受け取り方は大きくわけて次の三種類があります。

 

終身年金

終身年金は、公的年金と同じく、一生、
年金を受け取れるというものです。

 

一生受け取れるという安心感もありますが、
亡くなった時点で支払いが終了しますので、結果として
支払った保険料に対して、
あまり年金を受け取れなかったということにもなります。

 

この受け取り方にすると、保険料が高めになります。

 

確定年金

確定年金は、5年・10年・15年といったふうに、
あらかじめ決めた一定期間のみ
年金が受け取れるというものです。
この場合、被保険者が亡くなっても、
遺族が年金を受取ることができますので、
支払った保険料に対して、
受け取った額が少なかったという元本割れになることはありません。

 

有期年金

有期年金は、確定年金と同様にあらかじめ
年金を受け取れる期間が定められたものですが、、
被保険者が亡くなるとそれ以降は支給されないというものです。

 

そのぶん保険料は安くなっています。

 

夫婦のどちらかが生きている限り
支給されるという商品もあります。

 

リスクの有無

保険商品には、将来受取る年金額が契約時に決まっている定額のものと、
保険会社の運用結果によって受け取れる年金額が変動する投資性の変動型の
ものがあります。
変動型の商品を選択する際は、そのリスクについてじゅうぶんに理解した上で、
契約することにしましょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク