国民年金、厚生年金の加入手続きについて

スポンサードリンク

国民年金、厚生年金の加入手続きについて

日本国内に居住している20歳以上60歳未満の方は、
全員国民年金の被保険者となります。

 

自営業の方が国民年金で、
会社勤めの方は厚生年金という
イメージをお持ちの方がいるかもしれませんが、
会社勤めの方は国民年金+厚生年金に
加入するということになります。

 

国民年金には第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者がある

第1号被保険者

第1号被保険者は、自営業の方やその家族、学生の方などが該当します。
こちらの加入手続きは、住民登録をしている市区町村役場か年金事務所で
行ってください。
保険料を納めることが難しいときは、納付猶予制度などがあります。
保険料の若年者納付猶予制度や学生納付特例制度というものもあり、
加入手続きと同時に、これらの申請書を提出することもできます。
学生証など証明情報が必要となりますので、必要なものは
年金事務所にお問い合わせください。

 

第2号被保険者

第2号被保険者は、厚生年金、共済年金に加入している
サラリーマン、公務員の方が該当します。
これらの場合は、個別に加入手続きをするのではなく、
厚生年金、共済年金に加入すると自動的に国民年金にも
加入するということになっています。
老齢厚生年金等の受給権を有している65歳以上の方は、
第2号被保険者となることはできません。

 

第3号被保険者

第3号被保険者は、
厚生年金、共済年金の加入者(第2号被保険者)によって
生計を維持している20歳以上60歳未満の配偶者です。
かつては任意加入でしたが、現在は強制加入となっています。
加入手続きは、第2号被保険者の勤務先を通じて行います。
保険料は第2号被保険者がまとめて納付することになります。

 

厚生年金は、適用事業所で働く人は70歳まで原則として加入することになります。
加入手続きは勤務先で行ってください。

 

 

日本年金機構HP 国民年金保険料
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/20150313-02.html

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク