がんになった際の収入保障のついたがん保険

スポンサードリンク

がんになった際の収入保障のついたがん保険

ガンになった際は、入院費用や治療費などの出費も発生しますが、
仕事を休まざるを得なくなったり,
それまでどおりの仕事ができなくなったりすることにより、
収入面にもダメージがある場合が普通です。
公務員や会社員の方であれば、疾病手当金などで
ある程度の補償を受けられる場合もありますが、
自営業の方は収入が完全にストップするということも珍しくありません。
がん保険には、入院、治療費の他に収入を保障してくれる商品もあります。

 

収入を保障してくれるタイプのがん保険

収入を保障してくれるタイプのがん保険では、
初めてがんと診断された時に給付金が支給され、
その後、毎月補償金が支給されるというものが一般的です。
支給される額は保険商品によっても異なりますが、
年金額は60万円、120万円、180万円など、
年金分割回数は年1回〜年12回など、ご自分に必要なものを選ぶべきですが、
当然補償額が大きくなれば、月々の保険料負担も大きくなります。

 

ガン保険は、いざというときの事を考えれば、
いろいろな保障を付けたくなってくると思いますが、
ガンになった際の最大の出費は健康保険の適用外の先進医療の高額な治療費ですので、
いざという場合の保障をそういった高額の保障のみに絞って、
月々の保険料を抑えて、ご自身で貯蓄するという方法もあります。
掛け捨て型の定期型のがん保険の場合は、契約期間中にがんにならなければ、
支払った保険料は一切戻ってきませんが、ご自身でいざという場合の
貯蓄をしておけば、がんにならなかった場合も貯蓄のまま残りますので、
ご自身の状況に応じてふさわしいものを選んでいただければと思います。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク