がん保険の主契約と特約、保障内容について

スポンサードリンク

がん保険の主契約と特約、保障内容について

「主契約」と「特約」

がん保険には、主契約と特約(オプション)があります。
主契約は契約の軸ですので外すことはできず、
特約、オプションはつけるかどうか任意ということになっています。
(特約だけを単体で契約することはできません)
保険会社、保険商品によって、主契約、特約の内容が異なりますので
加入する保険商品の主契約と特約をよく理解しておく必要があります。
なお、生命保険などの特約でがん保障をつけることができるものもありますが、
「死亡の場合の補償は生命保険」、「がんの保障はがん保険」というふうに、
必要な保障ごとに主契約で保険商品を選んだ方がよい場合が多いです。
ひとつの保険に色々な保障をつけることができることで、
保険の管理がラクになると考える方も多いですが、
コストパフォーマンスは悪くなることが多いです。

 

がん保険の「主契約」と「特約」

がん保険の主契約と特約は、保険商品によって異なりますが、
一般的には次の保障内容の組み合わせとなっています。
特に、保険商品によって、主契約になっているものと、
特約になっているものがありますので、注意しましょう。

 

加入する保険が自分の必要な保障内容なのかどうか確認し、
不要な特約を外すことで保険料を抑えることができますので、
主契約が少ないものの方が、特約を外すという選択ができますので、
保険商品を選ぶ際は、主契約と特約をよく確認しましょう。

 

がん保険の主契約

・がん診断給付金…がんと診断された時に給付金が支給される
・入院給付金…入院日数に応じて日額の給付金が支給される
・手術給付金…手術を受けた時に給付金が支給される
これらの3つが多くのがん保険商品の主契約としてあるのが一般的で、
保険商品によって、主契約の場合もあれば、特約の場合もあるものとしては、
次のものがあります。

保険商品によって主契約の場合、特約の場合いずれの場合もあるもの

・通院給付金…通院治療を受けた時に日額の給付金が支給される
・放射線治療給付金…放射線治療を受けた時に給付金が支給される
・抗がん剤治療給付金…抗がん剤治療を受けた時に給付金が支給される
・退院給付金…退院した時に給付金が支給される
・先進医療給付金…先進医療を受けた時に技術料を保障

 

がん保険に特約としてつけることができるもの

・先進医療一時金…先進医療を受けた時に給付金が支給される
・緩和療養給付金…緩和療養を受けた時に給付金が支給される
・無事故ボーナス…健康だった時に5年に給付金が支給される
・死亡保険金…死亡した時に給付金が支給される

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク