保険商品ごとの通院給付金の額、支払条件の違いに注意

スポンサードリンク

保険商品ごとの通院給付金の額、支払条件の違いに注意

ガン保険には、さまざま保険商品があり、保険商品ごとに保障内容は異なりますが、
通院治療を保障する通院保障が付いているタイプが多くなっています。
ガン保険は一般的に、ガンと診断されたときに支給されるガン診断給付金、
入院日数に応じて日額の給付金が支給される入院給付金、
手術を受けた時に給付金が支給される手術給付金が
中心ですが、通院治療もとても重要です。
特に近年は、治療方法も入院治療よりも、通院治療で行われる場合が多いので、
通院給付金の重要さは昔よりも増してきています。

 

保険商品ごとの通院給付金の額、支払条件の違いに注意

通院1日あたり1万円前後の通院給付金が支払われる場合が多いようです。
支払条件、日数などは保険商品によって違いがあります。
いざという時にもらえると思っていた通院給付金がもらえないというトラブルも少なくありませんので、
それぞれの商品をよく確認してください。
一般的な条件としては、
「ガンで所定の日数以上入院し、退院後にガンの治療を目的に通院した場合に支払われる。」
としている場合が多いようです。
この条件であれば、入院前の通院は保障の対象外ということになりますが、
「入院前の通院も保障する」という保険商品もありますし、
入院後180日以内の通院を保障するとしているもの、入院後1年以内の通院するとしているもの、
給付日数も「30日」「45日」「60日」「120日」「無制限」などさまざまです。
また、往診の場合でも対象とするもの、往診の場合は対象としないものなど、
条件の違いをよく確認しておきましょう。
保障内容が厚い方が、保険料が高くなる場合が多いですが、
ご自身に必要な保障と保険料を吟味してふさわしいものを探しましょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク