がん保険を他の保険に切り替える際の注意点

スポンサードリンク

がん保険を他の保険に切り替える際の注意点

現在ガン保険に加入していて、他に魅力的なガン保険が見つかり
他の保険に乗り換えを考える場合にはいくつか注意点があります。
今回は、ガン保険の乗り換えをする際の注意点について説明をします。

 

現在のガン保険を解約し、他のガン保険に新規契約する際の注意点

新しい保険の健康告知、審査がある

新しいガン保険の加入を希望しても必ずしも加入できるわけではありません。
新たに健康告知、審査があります。
ガン以外の病気で入院、療養中の場合も加入できないのが一般的ですので、
審査に通過しない場合、加入できませんので、
くれぐれも新しい保険に加入する前に、現在の保険を解約するということはしないようにしましょう。
また、審査に通過しても、ガン保険には「待機期間」があるので注意が必要です。

 

待機期間に注意

現在のガン保険を解約し、他のガン保険に新規契約する際は、
現在のガン保険と新規の保険の間に、無保険状態のスキ間ができないように注意する必要があります。
現在のガン保険に加入する際と同様に、新規にガン保険に加入する場合も、
申し込みをして、健康告知、審査をして、一回目の保険料を支払ってから、
保険の責任開始日まで90日間(3ヶ月としている会社もある)の待機期間があります。
ですから、新規の保険の責任開始日前に現在加入している保険を解約してしまうと、
無保険期間ができてしまうことになりますので、無保険期間が生じないように注意しましょう。

 

新たにガン保険加入することで損をする場合もある

加入している保険に満期返戻金がある場合、
途中で解約することで解約返戻金として支払われますが、
満期返戻金よりもかなり減額されることになります。
また、新規に契約する保険の予定利率が下がり、保険料も最初のうちは安くても、
高齢になってからの保険料が跳ね上がる場合もありますので、
保険料は支払総額で比較した方がよいでしょう。

 

現在のガン保険を.解約しないで保障を見直す方法

現在加入しているガン保険の保険料の支払いが厳しくなり、
保険を見直したい場合は、特約を減らしたり、補償額を減らして、保険料を下げることもできます。
また、選択肢のひとつとして、解約返戻金のあるガン保険を契約している場合は、
解約返戻金の範囲で保険会社からお金を借りる、
契約者貸付制度を利用することもできます。
借りたお金に利息はつきますが、一時的に保険料の支払いが厳しい場合は、
この貸付制度でつなぎのお金を準備することもできます。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク