がん保険の待機期間と責任開始日について

スポンサードリンク

がん保険の待機期間と責任開始日について

ガン保険は、契約をしてから待機期間というものがあり、
一定期間を経過したあとに責任開始日が到来し、
その後に発症したガンを保障するという仕組みになっているのが一般的です。
ですから、ガン保険の契約をした翌日に病院に行ってガンと診断されたような場合は、保障の対象にはなりません。

 

ガン保険の待機期間と責任開始日

ガン保険の多くは、申し込みをしてから、健康告知、診査を行い、
一回目の保険料を払い込み、契約締結に必要な条件を満たした後に
90日(3ヶ月としているところもあります)の待機期間経過後に責任開始日が到来し、
責任開始日以後に、ガンと診断された場合に給付金を受け取ることができます。

 

待機期間中に、ガンと診断された場合は、給付金を受け取ることができません。
ガンという病気は、10年以上かけて進行し、発症するものも珍しくなく、
少しずつ進行するものですが、自分がガンではないかと疑いを持ってから、
ガン保険に加入する方も少なくないので、そのような状態になってから、
ガン保険に加入し、すぐに保障を受けられるのでは、あらかじめ保険料を支払って加入している人と、
保険の公平性を欠くことになってしまいますので、ガン保険には、このような待機期間が設けられています。

 

また、待機期間を経過し、責任開始日以後にガンと診断された場合でも、
契約前から、しこり、血便、長期間の咳などガンと疑われるの症状が出ていたり、
体調不良で病院に通っていたり、検査で異常が出て、検診などで再検査が必要と言われていた場合
(再検査を受けて「異常なし」とされた場合を除く)など、
ガン保険加入前から、「すでにガンが発症していた」とみなされる場合も、
給付金を受け取ることができないことになります。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク