がん保険の給付金が受け取れない場合について

スポンサードリンク

がん保険の給付金が受け取れない場合について

ガン保険は、ガンと診断された場合に、がん診断給付金が給付され、
ガン治療のための入院、手術の費用を給付されるものですが、
いざというときに給付されると思っていたものが給付されず、トラブルとなることも少なくないです。
今回は、ガン保険が給付されない場合の例について説明します。

 

がん保険の給付金が受け取れない場合の例

告知義務違反があった場合、重大事由や免責事項に該当していた場合

ガン保険に加入する際は自分の職業、健康状態を記載した告知書を提出しますが、
この内容に虚偽のものがあると告知義務違反として、給付金が受け取れない場合があります。

 

保険の責任開始日前にがんと診断された場合、保険契約の前にがんを発症していた場合

ガン保険は契約をしてから、一定期間(一般的には3ヵ月または90日)を経過してから、
責任開始日が始まりますので、ガン保険を契約しても、
責任開始日以前にガンと診断された場合は、給付金を受け取ることができません。
また、ガン保険契約前に、ガンと診断されていなくても、
すでにガンが発症していた場合も給付金を受け取ることができません。

 

ただ、「ガンが発症していた」といっても、ガンは10年以上かけて進行し、
その後、症状が出てくるので、どの段階でガンが発症していたと見るかは
難しいところがありますが、一般的には、
しこりやガンの症状が出ていたり、体調不良で病院に通っていたり、
検査で異常が出て、検診などで再検査が必要と言われていた場合
(再検査を受けて「異常なし」とされた場合を除く)などが、
「すでにガンが発症していた」とみなされて給付金を受け取ることができないことになります。

 

上皮内新生物が保障されない保険

上皮内新生物は、ごく早期のガンで、手術をすれば完治する可能性が高く、
浸潤、転移、再発する可能性は低く、かつての保険は、ガンとは別物として扱い、
給付金の対象外としたり、給付金を大きく減額するものが多かったですが、
最近のガン保険では上皮内新生物も保障の対象としているものが多くなっています。
とはいえ、給付金は通常のガンの場合よりも少なくなっているのが一般的です。

 

保険の契約が失効、保障内容の条件を満たしていない

当然ですが、保険が失効していた場合は給付金の対象となりませんし、
特約をつけていない場合は特約の保障を受けることはできません。
保険の切り替えを考える際は、新しい保険の責任開始日が始まってから、
前の保険を解約するようにしましょう。
また、前述のとおり、「保険契約の前にがんを発症していた場合」に該当してしまう
こともありえますから、ガン保険の切り替えをする際は、事前にガン検診を受けて、
ガンではない客観的な証拠を準備した上で、切り替えの手続きを行うなど、
切り替えのタイミングのご自身の健康状態にじゅうぶん注意するようにしましょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク