二人目の子供の学資保険は他社にすべきか?

スポンサードリンク

二人目の子供の学資保険は他社にすべきか?

一人目のお子さんに学資保険に加入し、
その後二人目のお子さんが誕生した際に、
二人目のお子さんの学資保険をどうするか悩む方は少なくありません。

 

両親の収入の状況などにもよりますが、
学資保険に加入する場合は、月々1万円前後の保険料とする場合が多く、
二人目、三人目のお子さんも加入すれば、
保険料が2倍、3倍となりますので、二人目以降は学資保険に加入せずに
預貯金に貯蓄をしていこうと考える方も多いようです。

 

たしかに学資保険は満期になれば返戻金が100%以上となる場合が
通常で、支払った額以上のお金が戻ってきますが、
途中で解約した場合の返戻金は、支払った額よりも少なくなりますので、
途中で保険料の支払いが厳しくなって解約せざるを得ない状況を
想定すると、学資保険に加入せずに、預貯金で貯めていった方がよいかもしれません。

 

二人目の子供の学資保険は他社にすべきか?

二人目のお子さんも学資保険に加入するという場合は、
同じ保険会社にすべきか、他社にすべきかで悩むかと思います。
他社にしている人の理由としては、もしも保険会社の経営が破綻した場合に、
二人ぶんの保険金を失うリスクを回避するためと考えている方も少なくないようです。
もしも保険会社が経営破綻をした場合でも、
保険金がゼロになるわけではなく、生命保険契約者保護機構によって
一定の保護を受けることができますので、全額ではないにしても
90%以上は保証されることになります。
保険会社が倒産リスクはそこまで高いとは思いませんが、
このようなリスクを回避したい場合は別会社にしておいてもよいかもしれません。

 

同じ保険会社にしてメリットがある場合もあります。
「兄弟割引」という割引を行う保険会社もあり、
同じ保険会社で、二人目のお子さんの学資保険に加入すると、
割引を受けることができるというものです。

 

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」では、
払込方法が月払の場合、満期保険金額10万円につき、月10円の割引になります。
満期保険金額が200万円であれば月々200円の割引ということで、
月々200円ではあまり魅力的に感じないかもしれませんが、
払込総額でみると総額で4万3200円の割引となります。

 

大学入学祝金として200万円、22歳の保険満期金200万円で
保険金払込期間18年の場合、
月々の保険料は1万6612円で戻り率は約111.4%ですが、
兄弟割引適用後は月々1万6412円で戻り率は約112.8%となり、
戻り率が1.4%ほどアップすることになります。
保険料が割引となり、戻り率が高まることで、貯蓄性が高まることになります。
なお、2016年現在、兄弟割引はフコク生命のみが扱っているようです。

 

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」
http://www.fukoku-life.co.jp/ad/gakushi/

スポンサードリンク
スポンサードリンク