育英年金付学資保険は必要か?お得か?デメリットについて

スポンサードリンク

育英年金付学資保険は必要か?お得か?デメリットについて

育英年金とは、契約者が死亡した場合に死亡保障がされるというもので、
その後の契約期間中に毎年一定額の年金を受け取る事ができるものです。
年金は保険商品によっても異なりますが、
年間30万円前後となっている場合が多いようです。

 

学資保険は、子どもの教育費を貯める保険商品で、
月々保険料を支払うことで、満期日に給付金が支給されるというものですが、
育英年金と学資保険がセットになった保険商品もあります。

 

学資保険に育英年金をプラスした方がよいのか?

学資保険には通常、保険料払込免除特則というものがあり、
保険料納付期間中に契約者が死亡してしまった場合は、
以後、保険料の支払いが不要になる仕組みになっています。
育英年金がついていると、これにプラスして年金を受け取れるということで、
万が一の備えとして、育英年金付きの学資保険を検討されている方も
いらっしゃるかと思いますが、結論をいいますと、育英年金は不要と考えます。

 

育英保険のデメリット

育英年金がつくことで、月々の保険料が高くなり、支払う保険料の総額が
10数万円以上多くなりますので、
返戻率が低くなり、学資保険の本来の目的の貯蓄性が低くなってしまいます。
いざという場合に支払われる年金の額も年間30万円程度ですので、
そのために保険料を上げる必要はないでしょう。
また、この年金の受取人はお子さんということになりますので、
お子さんの所得ということになり、お子さんが扶養親族から外れ、
児童手当や医療手当などが受けられない可能性が出てきます。

 

もし、一家の収入の柱である契約者のもしもの場合を想定するのであれば、
別個で生命保険に加入しておいた方がよいでしょう。
お子さんが成長するまでの一定期間の保障で掛け捨てのものを選べば、
保険料もかなり抑えることができます。
育英保険に限らず学資保険にはお子さんの医療保険、死亡保障などの特約をつけることができますが、
それぞれ別個で専門の保険商品がありますので、
ひとつひとつ専門の保険商品を購入した方がコストパフォーマンスが
よくなることが多いので、営業マンの営業トークに惑わされずに検討していただければと思います。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク