学資保険の受け取りは一括と分割のどちらがよい?

スポンサードリンク

学資保険の受け取りは一括と分割のどちらがよい?

学資保険の受け取り方法は、18歳、20歳、22歳といった
満期時に一括で受け取ることができるものと、
祝金として小学校、中学校、高校入学前のタイミングで
小分けにして受け取ることのできるものがあります。

 

一般的には、高校卒業(大学進学前)のタイミングが
最もお金がかかりますので、18歳(17歳)満期で一括で受け取るという場合が
多いと思いますが、小・中・高の入学時のタイミングも何かとお金がかかるので、
そのタイミングで祝金として小分けに受け取れるものを選んでもよいと思います。

 

学資保険を一括で受け取る場合、祝金として小分けで受け取る場合のメリット、デメリット

満期に一括で受け取れるタイプの方が返戻率は高くなる傾向にありますので、
支払った保険料に対しての返りは大きくなるというメリットがありますが、
途中で解約をすれば解約返戻金があるものの、
支払った保険料の総額よりも少なくなるのが一般的です。
小分けに受け取れるタイプでは返戻率は小さくなるものの、
お金が必要なタイミングで給付金を受け取ることができ、
その時点でお金に余裕がある場合であれば、祝金をすぐに受け取らず、
据え置きにすることもできます。

 

据え置いたお金はいつでも引き出すことができますし、
据え置いている間には利息がついて少しずつ増えていきます。
この場合の利息は銀行の預貯金の利息よりも大きいのが通常です。

 

このように一括でもらう場合と、分割でもらう場合にそれぞれメリット、デメリットがありますが、
祝金タイプで小分けにもらう方が融通も効くので、
小分けにもらうタイプが個人的にはオススメです。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク