学資保険の契約者は夫か妻か?離婚した場合は?

スポンサードリンク

学資保険の契約者は夫か妻か?離婚した場合は?

学資保険の契約者は夫にすべきか妻すべきか

学資保険の被保険者は「子ども」ですが、
契約者は両親のどちらかということになりますが、
夫と妻いずれにすべきかということですが、
基本的には保険料を支払う人がなるべきと思います。

 

学資保険には保険料払込免除特則というものがあり、
保険料納付期間中に契約者が死亡してしまった場合は、
以後、保険料の支払いが不要になるので、
契約者に万が一のことがあった場合の備えとすることができます。
ですので、契約者には保険料を支払う人(多くの場合、夫)にしておいた方がよいでしょう。
なお、女性は男性よりも統計上死亡率が低いので、
契約者を女性とした場合、保険料が若干安くなり、返戻率がアップしますので、
妻にも収入がある場合は、妻を契約者としてもよいでしょう。

 

離婚した場合の学資保険

離婚をする場合は、必ず父と母、いずれかを親権者と定めなければなりませんが、
母親が親権者となるのが一般的です。
学資保険の契約者は解約する権利や、満期となった場合の給付金を
請求する権利がありますので、別れた夫に学資保険を解約されたり、
満期金を受け取って、元妻や子にそのお金が渡されないなどのトラブルが発生することもありますので、
離婚の際に、母を親権者とした際には、学資保険の契約者も母に変更するか、
それまでの学資保険を解約し、新たに入り直すかを検討した方がよいでしょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク